「スエード」と「ヌバック」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スエード」と「ヌバック」の違い 専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「スエード」「ヌバック」は良く似ていますが、一体どこが違うのでしょうか。

それぞれの概要と違いについて紹介します。

「スエード」とは?

「スエード」の意味と概要について紹介します。

意味

「スエード」は、「裏側を起毛にした革製品のこと」です。

原材料は「仔牛・豚・羊・山羊」などの小動物の皮で、裏側にサンドペーパーをかけて、起毛にしたものを言います。

概要

「スエード」はフランス語で「スウェーデン」という意味で、元は「スウェーデン手袋」のことです。

スウェーデンで作られた女性用の手袋が、起毛素材で素晴らしい高級品だったことから名づけられました。

起毛部分が短く一定の質感があり、靴やコート、バッグなど様々なファッションアイテムに使われています。

レザーよりも光沢が抑えている分温かみがあり、手入れも比較的簡単と言われています。

「ヌバック」とは?

「ヌバック」の意味と概要について紹介します。

意味

「ヌバック」は、「表面を起毛にした革製品のこと」です。

動物の皮の表面にサンドペーパーをかけて短く起毛にした革のことを言います。

概要

「ヌバック」の語源は「バックスキン」です。

皮の表面を起毛させた素材で、毛並みが短くさらっとしていて、高級品としてハンドバッグや靴などに使われています。

「スエード」と「ヌバック」の違い!

「スエード」「ヌバック」の違いは以下の通りです。

毛並

「スエード」は毛並が長く、しっかりと起毛していますが、素材自体は薄めになっています。

「ヌバック」は毛並が短く、ほっこりとした良い手触りで、素材は厚みがあって丈夫です。

品質

「スエード」は、皮の裏側を加工して起毛させてた素材で、一般的なファッションアイテムに使われています。

「ヌバック」は、皮の表側を加工して起毛さえせた素材で、高級品として使われています。

まとめ

「スエード」「ヌバック」は、同じ皮でも加工する面が違います。

一般的に出回っているのは「スエード」、高級品は「ヌバック」のことが多くなります。