「コピー機」と「印刷機」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コピー機」と「印刷機」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「コピー機」「印刷機」の違いを分かりやすく説明していきます。

「コピー機」とは?

「コピー機」とは?

「コピー機」とは、「書類・写真などの写しを作成する複写機能(コピー機能)が搭載されている機械全般」のことを意味しています。

現在では「コピー機」は、「複写機能以外のプリンタ機能・スキャン機能・FAX機能・暗号化機能などがついた複合機」のことも意味するようになっています。

「コピー機」は、「カラー印刷機能」に優れていて「レーザープリンタ」でインクがにじみにくい特長もあります。

「1分間に約20~30枚程度」の印刷をすることができます。

「印刷機」とは?

「印刷機」とは?

「印刷機(いんさつき)」とは、「新聞・雑誌・ポスターなどの作成に用いる大量かつ高速の印刷を低コストで行うことができる輪転機・オフセット印刷機」のことを意味しています。

「印刷機」は、「文書・図画の印刷機能に特化した大型の機械」「カラー印刷」の性能は劣っています。

「印刷機」「1分間で約100枚以上」もの印刷を行うことができ、100万枚以上の印刷に耐えられる耐久性もあります。

「コピー機」と「印刷機」の違い!

「コピー機」と「印刷機」の違い!

「コピー機」「印刷機」の違いを、分かりやすく解説します。

「コピー機」「印刷機」「印刷することができる機械」という意味では共通していますが、「コピー機」「一般的な企業のオフィスに設置されている複写するための小型機械」であり、「印刷機」「印刷業者に設置されている新聞・雑誌などを大量かつ高速で印刷することができる専用の大型機械」である違いを指摘できます。

現在では「コピー機」という言葉は、「複写機能(コピー機能)以外のスキャン機能・プリンタ機能・FAX機能などがついた複合機」と同じ意味でも使われていますが、「印刷機」というのは「コピー機とは比較にならない大量かつ高速の低コストな印刷ができるオフセット印刷機・輪転機(カラー印刷機能は弱い)」のことを意味している違いがあるのです。

まとめ

まとめ

「コピー機」「印刷機」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「コピー機」とは「書類・画像などの写しを作る複写機能が搭載されている機械全般」を意味していて、「印刷機」「新聞・雑誌・漫画などの作成に必要な大量かつ高速な印刷をすることができる専用のオフセット印刷機」を意味している違いがあります。

「コピー機」「印刷機」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。