「議論」と「討論」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「議論」と「討論」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「議論」「討論」の違いを分かりやすく説明していきます。

「議論」とは?

「議論」とは?

「議論」とは、お互いに意見を出し合い、論じ合うことです。

1対1でも行うこともありますが、この「議論」とするからには、多人数でのそれになる場合が多く、自分の意見を人に聞いてもらう、それに対して批判されるなどといったことになると考えてください。

何かを決定するという意味は含まれない為、「長時間の議論になったが、これといった結論は出なかった」のような使われ方も多く、「議論したものの、あまり意味が無かった」といった場合も少なくありません。

「討論」とは?

「討論」とは?

「討論」とは、何かの是非について「議論」することです。

つまり、テーマとなる対象について、是(正しい)とするか、非(間違っている)とするのかを論じ合うことになります。

ただし、こちらの場合も是非が決定するという性質ではなく、是と思う人も居れば、非と考える人も居る為、それぞれの意見は出ますが、どちらが正しいと決める訳ではありません。

「議論」と「討論」の違い

「議論」と「討論」の違い

「議論」「討論」の違いを、分かりやすく解説します。

「議論」は、「話し合い」と似ていますが、それがお互いに自分の意見を出すことなのに対し、「議論」と呼ばれる場合、一方的なものになることもあります。

また、お互いに意見を出したとしても、「議論という訳でもなく、ちょっとした話し合いだよ」といったように、これらはそれほど区別せずに、少し長いそれだったり、強い口調で行われれば「議論」だと判断されやすいという具合です。

「討論」は、是非についての話し合いとも表現できます。

どちらも結論を出す必要はありませんが、意見が出尽くして終わる、ということがほとんどで、結論とはしないながらも、このような意見が多数だったなどとまとめられることが多いです。

まとめ

まとめ

「議論」「討論」は、このように異なります。

「討論」も、「議論」のうちですが、その場のテーマに対する是非を論じるという違いになります。