「明石焼き」と「たこ焼き」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「明石焼き」と「たこ焼き」の違い 食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「明石焼き」「たこ焼き」の違いを分かりやすく説明していきます。

「明石焼き」とは?

「明石焼き」の意味と概要について紹介します。

「明石焼き」の意味

「明石焼き」「あかしやき」と読みます。

意味は「卵と小麦粉、タコを加えて丸く形成して焼いたもの、卵の風味が強くふんわりとした食感があり、だし汁に浸して食べる料理」です。

「明石焼き」の概要

「明石焼き」は、兵庫県明石市で発祥した料理であることから「明石焼き」と呼ばれています。

別名「卵焼き」とも呼ばれ、卵が多めで、ジン粉と呼ばれる小麦粉のデンプンのみで作られた粉を使い、具材はタコだけと非常にシンプルです。

食感はとろりとしていて卵焼きに近く、丸みがありますが、底面は平たくドーム型をしています。

青ノリやソース、マヨネーズなどは付けずに、だし汁に浸して食べます。

「たこ焼き」とは?

「たこ焼き」の意味と概要について紹介します。

「たこ焼き」の意味

「たこ焼き」は、「小麦粉にタコ、ネギ、紅しょうがなどを加えて丸く形成して焼いたもの、ソースや青ノリ、マヨネーズなどをかけて食べる料理」という意味です。

「たこ焼き」の概要

「たこ焼き」は、関西地方の家庭料理として発祥したもので、小麦粉を水で溶き、タコとネギ、紅ショウガなどを加えてたこ焼き器で丸く焼き、ソースや青ノリ、マヨネーズをかけて食べる料理です。

「明石焼き」と比較して、小麦粉の味が強く、水分が少ない分口当たりが硬くなります。

但し、お店によっては記事の柔らかさが残っているものもあります。

「明石焼き」と「たこ焼き」の違い!

「明石焼き」「卵の分量が多く、具材はタコのみでだし汁に付けて食べる料理」です。

「たこ焼き」「小麦粉の量が多く、具材はタコやネギなどで、ソースや青ノリを付けて食べる料理」です。

まとめ

今回は「明石焼き」「たこ焼き」の違いをお伝えしました。

「明石焼きは卵っぽい風味」「たこ焼きは小麦粉っぽい風味」と覚えておきましょう。