「文句」と「意見」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「文句」と「意見」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「文句」「意見」の違いを分かりやすく説明していきます。

「文句」とは?

「文句」の意味と使い方について紹介します。

「文句」の意味

「文句」「もんく」と読みます。

意味は、「文章中の語句」「歌などで、メロディーに対して歌詞のこと」「相手に対する言い分や苦情のこと」になります。

「文句」の使い方

「文句」は名詞で「文句を言う」と動詞を伴って使います。

基本的に相手に対して不平や不満、苦情を述べる時に使う言葉です。

但し、自分の不満な気持ちを相手にぶつけるだけで、特に改善案や代替え案などはありません。

多くの場合、言いっぱなしで単なる愚痴と同じ意味になります。

「文句を言う」と、不満のはけ口ができることで、本人はスッキリしますが、聞かされた相手はあまり良い気持ちはしないものです。

つまり、「文句」とは「自分の為に」言うというニュアンスがあるのです。

「意見」とは?

「意見」の意味と使い方について紹介します。

「意見」の意味

「意見」「いけん」と読みます。

意味は、「ある問題に対する自分の主張・考え」「自分の心に思うところを述べて、人の過ちを諭すこと」になります。

「意見」の使い方

「意見」は名詞で「意見を言う」「意見を述べる」と動詞を伴って使います。

「ある問題に対して自分はどう思うかを述べること」「目上の人に対して、相手が間違っていることを伝えること」という2つの意味で使われています。

基本的に「自分はこう思う」という結論があり、改善案や代替え案が含まれることを表します。

つまり、「意見」とは、「相手の為、皆の為に」言うというニュアンスがあるのです。

「文句」と「意見」の違い!

「文句」「自分の為に不平や不満を言うこと」です。

「意見」「相手の為、皆の為に自分が思うことを述べること」です。

まとめ

今回は「文句」「意見」の違いをお伝えしました。

「文句は自分の為」「意見は人の為」と覚えておきましょう。