「降雨量」と「降水量」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「降雨量」と「降水量」の違い 専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「降雨量」「降水量」は似た意味を持つ紛らわしい表現ですが、「降雨量」「降水量」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「降雨量」「降水量」の意味の違いを分かりやすく説明していきます。

「降雨量」とは?

「降雨量」という気象用語の表現は、「雨量計で計測される水量(mm)のうち、雨だけが降った量」のことを意味しています。

「降雨量」というのは、「雨以外の雪・霰(あられ)・雹(ひょう)・霜(しも)を含まない雨量計で測定された水量」のことを意味している表現です。

雨量計の計測は、「地面に染み込んだり蒸発したりすることなく、その場に雨・雪などが水として溜まった場合の深さ(mm)」で表示されています。

「降水量」とは?

「降水量」という気象用語の表現は、「雨・雪・霰(あられ)・雹(ひょう)・霜(しも)などを水に換算して雨量計で計測した場合の水量(mm)」のことを意味しています。

「降水量」という言葉には、「降った雨だけを計測した水量」ではなくて「解けたら水になる雪・霰・雹・霜なども水の深さに換算した水量」といった意味合いがあるのです。

「降雨量」と「降水量」の違い!

「降雨量」「降水量」の違いを、分かりやすく説明していきます。

「降雨量」という気象用語の表現は、「雨量計で、降った雨だけを計測した水量(mm)」のことを意味しています。

それに対して、「降水量」という気象用語の表現は、「雨量計で、雨だけではなく解けたら水になる雪・霰・雹・霜なども含めて計測した水量(mm)」を意味しているという違いがあるのです。

まとめ

「降雨量」「降水量」の意味の違いを詳しく解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

「降雨量」の表現は「雨量計で計測される水量(mm)のうち、雨だけが降った量」を意味していて、「降水量」の表現は「雨量計で雨・雪・霰(あられ)・雹(ひょう)・霜(しも)を水に換算して計測した水量(mm)」を意味している違いがあります。

「降雨量」「降水量」の意味の違いを調べたい時には、この記事をチェックしてみてください。