「社有車」と「社用車」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「社有車」と「社用車」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「社有車」「社用車」の違いを分かりやすく説明していきます。

「社有車」とは?

「社有車」とは、会社が所有している車という意味になります。

例えば社長個人が所有している車という意味に対して、個人ではなく会社の持ち物だという時などにも使います。

「彼は高級車に乗っているが、社有車だそうだ」「社有車とは言っても、ほとんど自分の車みたいなものだろう」「社有車が10台ある」などと、使います。

「社用車」とは?

「社用車」とは、会社の用事で使う車、仕事をする時の車といった意味になります。

また、そのような目的で使われることが多い車種を表すこともあります。

「うちは社用車がないから、自家用車を仕事に使っている」「社用車でドライブに行くなんて君は何を考えているんだ」「あの車は、社用車として人気だ」などと、使います。

「社有車」と「社用車」の違い!

「社有車」「社用車」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも個人所有の車ではなく、会社の持ち物であるという意味では同じ言葉です。

では何が違うのかを見ていきましょう。

まず「社有車」ですが、これは会社が所有するという意味になります。

つまり、必ずしも仕事用に使うというわけではありません。

例えば展示しているだけといった高級車などもあるかもしれないのです。

一方で「社用車」ですが、これは会社の用事、つまり普段の仕事で使う車のことを言います。

例えば、営業の仕事の場合、沢山の商品、製品を持ち運ぶ場合などの「営業車」と言われるものは「社用車」であり、その社員個人の「自家用車」ではないことが多いです。

場合によっては個人の車で仕事をしていることもありますので、その区別をつける際など「社用車」という言葉は使われます。

まとめますと「社有車とは会社が所有している車、必ずしも仕事に使っているわけではない」「社用車とは会社の用事、仕事に使う車のこと」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「社有車」「社用車」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を理解して使い分けるようにしましょう。