「停戦」と「休戦」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「停戦」と「休戦」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「停戦」「休戦」の違いを分かりやすく説明していきます。

「停戦」とは?

「停戦」の意味と使い方について紹介します。

「停戦」の意味

「停戦」「ていせん」と読みます。

意味は「戦争中の軍隊同士が、何らかの目的の為にお互い合意の上で、一時的に軍事行為を中止すること」です。

「停戦」の使い方

「停戦」は、戦争が起きている地域において、お互いの軍の指揮官が合意をすることで、一時的に軍事行為をやめることを言います。

基本的に、戦争によ民間への被害が著しく、人道的な支援が必要な状態になった時に、第三者の仲介により「停戦」するケースが多くなります。

「停戦」になった場合、負傷者を手当てしたり、戦死者への対応をしますが、その際に「休戦」「停戦」の交渉が進められたり、捕虜の交換が行われることもあります。

「休戦」とは?

「休戦」の意味と使い方について紹介します。

「休戦」の意味

「休戦」「きゅうせん」と読みます。

意味は「戦争中に、双方の合意により軍事行為を長期間すること」「一般的な争いごとを一時中止すること」です。

「休戦」の使い方

「休戦」も、戦争中に双方の合意により軍事行為を中止することですが、「停戦」よりも中止する期間が長いことを言います。

「休戦」は、主に戦争の終結を目指している時に使われる言葉で、どちらかが明らかに優勢になっていることが多くなります。

「休戦」には、全範囲で戦闘を中止する「全面休戦」と、特定の地域に限って戦闘を中止する「部分的休戦」があります。

「停戦」と「休戦」の違い!

「停戦」「軍本部からの命令で攻撃をやめること」です。

「休戦」「双方の国が、終戦に向けて戦闘状態を終わらせること」です。

まとめ

今回は「停戦」「休戦」の違いをお伝えしました。

「停戦は軍隊が攻撃をやめること」「休戦は国が終戦にむかうこと」と覚えておきましょう。