「精査」と「調査」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「精査」と「調査」の違い違い比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネスにおける仕事やプロジェクトを詳しく調べる時には「精査」「調査」という言葉が使われます。

この2つはビジネスだけではなく、学問の分野や世論を詳しく調べる時にも使う言葉であり、それぞれ意味が違うので気を付けましょう。

この記事では、「精査」と「調査」の違いを分かりやすく説明していきます。

「精査」とは?

「精査」とは「精しい」【くわしい】という漢字と、調べることを表す「査」という漢字が使われており、より具体的に調べる行為を表します。

既に内容が分かっているものに対してさらに追加で調べる時にも使われるものであり、ビジネスシーンでも多く使われています。

ビジネスシーンでの「精査」は特に仕事やプロジェクトの進捗チェック、報告書の修正に対して使います。

「精査」はこれらの仕事やプロジェクトの進捗や報告書のチェックに対して使われますが、エラーや間違いが出た時はこれを修正したり正しい内容を報告することまでを含むのが通例となっています。

「精査」は仕事の担当になった人が行うことが可能ですが、上司にチェックを頼むことも可能です。

この場合には尊敬語として「ご精査」が使われます。

「調査」とは?

「調査」は基本的に未知の出来事や事柄を調べて明らかにする行為を表す言葉です。

重点は未知の物事を明らかにするという点に置かれており、学問的な研究に対して「調査」をすることも多いのが特徴です。

「調査」に関しては色々な場面で使われるものですが、基本的には単純なデータを扱うものが多くこれを元にして様々な計画や行動が決められます。

「調査」は色々なところで使われる言葉ですが、学問的な場面だけではなく「国勢調査」のように政府が行うこともあり、これによって政策の基本方針が決定されます。

「調査」の類義語には「観察」がありますが、こちらは限定された対象や個々の人を調べるものであり範囲は限定的なものとなっています。

それに対して「調査」はより多くの集団や事象について調べるものであり、多大なデータを統計的に分析するものなのです。

「精査」と「調査」の違い

「精査」は主にビジネスシーンで使われる言葉であり、「調査」の1種類として使われます。

「精査」は進捗や報告書のチェックという行為がメインであり、これを調べた後は改善案や正しい案を出すことが望ましいとされています。

「精査」の例文

・『報告書の精査していたらかなり大きな間違いを見つけたので、すぐに上司にメールを送信した』
・『彼が精査した報告書はとてもよくできていたので、今後の参考例として取り上げることにした』

「調査」の例文

・『国勢調査は大切なものだと思っているので、毎年しっかりと書いています』
・『選挙の出口調査により、その候補の当選はほぼ確実なものとなった』

まとめ

「精査」は報告書の調査だけではなく改善案も考えることであり、ビジネスシーンでは重要な仕事となります。

「調査」は基本的にデータを集めることを目的としており、これを元に色々な計画や政策が決まります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い比較
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物