「埴輪」と「土偶」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「埴輪」と「土偶」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「埴輪」「土偶」にはどの様な違いがあるのでしょうか。

それぞれの意味と概要について紹介します。

「埴輪」とは?

「埴輪」の意味と概要について紹介します。

意味

「埴輪」「はにわ」と読み、「古墳時代に作られた土製の焼き物のこと」です。

古墳に並べる為に作られ、人や動物の形をしているものが多くなります。

概要

「埴輪」は、4世紀~7世紀頃の古墳時代に作られました。

当時、権力のある人が亡くなると、「古墳」という土や岩を盛り上げた丘の様な墓が作られました。

「埴輪」は、故人を弔う為に古墳の回りに置かれた焼き物のことを言い、以下の2つの種類があります。

「円筒埴輪(えんとうはにわ)」は、筒状で古墳の周囲に柵として置かれました。

「形象埴輪(けいしょうはにわ)」は、人や動物の形をしたものや、武器の形をしていて、故人がどの様な人であったのかを表しています。

「土偶」とは?

「土偶」の意味と概要について紹介します。

意味

「土偶」「どぐう」と読み、「縄文時代に作られた土製品のこと」です。

人や動物の形をしていますが、用途や目的ははっきりしていません。

概要

「土偶」は、紀元前131世紀~4世紀頃の縄文時代に作られました。

女性を表した像が多いことから、豊穣や安産を祈願する人形であったと言われています。

また、多くの「土偶」が破損した状態で見つかっていることから、当時の人が祈願をする際に自分の身代わりとして「土偶」を壊していたのではないかという説も有力です。

「埴輪」と「土偶」の違い!

「埴輪」「古墳時代に作られた土製の焼き物で、故人を弔う為のもの」です。

「土偶」「情mン時代に作られた土の人形で、用途は不明」です。

2つの違いは「作られた時代」です。

まとめ

「埴輪」「土偶」は作られた時代が全く違います。

博物館に行くことがあれば、よく観察してみましょう。