「仕入」と「経費」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「仕入」と「経費」の違い 金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この「仕入」「経費」は、小売店を経営している人は毎日のように見聞きしている言葉だと思われます。

「仕入」と「経費」の違い

「仕入」とは、販売する為の物を購入することです。

他の店舗から行う場合もないとは言えませんが、商品のメーカー、またはそこから問屋を通して行う場合がほとんどです。

それは、小売価格(いわゆる「定価」に相当します)で他の店舗から行ったのでは利益にならないからで、メーカーや問屋からそれよりも安価に行ってこそ商売として成り立つというものです。

「経費」は、その「仕入」の為に遣うお金や、店舗の運営の為に必要になる様々な費用を指して使う言葉になります。

電気代などの光熱費や店舗自体の家賃などがそれに当たり、従業員の給料もこれに含めることがほとんどです。

尚、税制上でこの「経費」として計上できる範囲となると、また少し話が変わり、先に挙げた全てがそれに該当するとは限りません(計上できる範囲など、色々な決まりがあります)。

「仕入」を使った例文と意味を解釈

「仕入」を使った例文と、その意味の解釈になります。

小売店は、まずはこれを行わないことには始まりません。

「仕入がうまくいかないので、あまり商品が入ってきていない」 値段的に納得いかないのか、そもそも商品自体がないという理由なのかも知れませんが、仕入がうまくできていない為に困っているようです。

このようなことは小売店では珍しくなく、問屋などとの駆け引きもまた仕事のうちの1つです。

「経費」を使った例文と意味を解釈

こちらは「経費」を使った例文、その意味の解釈になります。

店舗の運営には、できるだけこれを抑えることが求められると言えるでしょう。

「明らかに経費が掛かり過ぎている」

店舗の運営にどうしても必要となる費用がかなり膨らんでいるようです。

かと言って、無理に減らそうとした為に店舗としてのサービスなどが疎かになってしまっては困ったものなので、いかにうまく減らすことができるかがポイントになります。

まとめ

「仕入」に必要になる「経費」は、それ以外の店舗の運営に必要になる費用も含んだ表現だと覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物