スポンサーリンク

「中堅企業」と「中小企業」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「中堅企業」と「中小企業」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「中堅企業」「中小企業」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「中堅企業」とは?

「中堅企業」は、資本金が約1億円以上3億円未満であれば、中堅の企業であると言えます。

その上で「中堅企業」は、事業再構築補助金を受け取れる立場にあれば、「中堅企業」です。

なお、事業再構築補助金については、これは、「中小企業」「中堅企業」を救うための補助金を国が発行するという物で資本金が3億円を超えている点と従業員が300人を超えた場合、中堅と中小に起業が属さないうえ大企業とみなし、国からの援助は受けることはできません。

「中小企業」とは?

「中小企業」は、資本金が3億円までの企業で、従業員数は、300人以上までの企業のことです。

その中でも、最もランクが下なのが5000万円の資本金と、50人以上の従業員で「中小企業」とする例です。

これは、小売業であれば、5000万の資本と50人以上の従業員がいれば、「中小企業」として扱います。

「中堅企業」と「中小企業」の違い

「中堅企業」「中小企業」の違いですが、「中堅企業」は、一応定義上、事業再構築における助成金が3億円までで従業員が300人までを上限としているので1億件から億円までの資金であれば、中堅で、それ以下は「中小企業」だという違いがあります。

「中堅企業」の例文

・『わが社は従業員350人資本金2憶五千万の中堅企業である』
この例は、自分の会社は一応3億円以内に収まった資本金で従業員は300人を超えているので「中堅」にある企業であるとしています。

「中堅企業」の定義にしっかりとあてはまっているため、事業再構築における助成金ももらうことができる企業です。

「中小企業」の例文

・『わが社は、資本金5000万以下従業員50名の中小企業だ』
この例は、中小と言われる企業の最低ラインにあることを指しています。

「中小企業」は小売業であれば、資本を5000万として従業員は50名までの企業なので「中小企業」であると言えます。

まとめ

「中堅企業」「中小企業」については、資本金のラインが異なるとしか言えず、実のところ両者は同じであると言ってもよいです。

一応「中堅」は、一億円から3万円までの資本と従業員が300人までとしていますがこれについては、それよりも以下の物は、小売業や卸売業などが当てはまり、「中小企業」だとしておりますが、小売りでも3億円の資本があり、従業員が300人までの会社もあり、これだと小売りでも「中堅企業」が成立するため、ぶっちゃけると資本金のラインさえ1億から3億までを超えており、300人以下であれば小売りでも「中堅企業」が十分成立します。

その為、資本が一億よりも上で3億までが「中堅企業」それ以下が「中小企業」と覚えて起き、人数に関しては、両方とも300人までとしておくと覚えやすいでしょう。

なお、「中堅」「中小」は、国からの援助金である、事業再構築の補助金を受け取る立場にあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物