スポンサーリンク

「温故知新」と「不易流行」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「温故知新」と「不易流行」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「温故知新」「不易流行」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「温故知新」とは?

「温故知新」とは?

「温故知新」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「温故知新」は、「おんこちしん」と読みます。

また「温故知新」は、「故きを温ねて新しきを知る」と訓読することができます。

「温故知新」には、「過去の事実を研究し、そこから新しい知識や見解を開くこと」という意味があります。

例えば、起業を立ち上げる時、かつて企業を立ち上げた創業者たちに話を聴くことがあるかもしれません。

時代は違えど、同じように起業した人の話から成功のヒントを得たという場合は、「かつての起業家たちの話を聞き、成功のヒントを得るとは、まさに温故知新だ」などという文章を作ることができます。

また、ギリシアの紀元前の哲学者の本を読み、自分の人生に生かすという場合があるかもしれません。

このような場面では、「ギリシアの哲学者の本、温故知新の精神で読み、人生に役立てたい」などという文章にできます。

「不易流行」とは?

「不易流行」とは?

「不易流行」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「不易流行」「ふえきりゅうこう」と読みます。

「不易流行」は、「いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものを取り入れていくこと」という意味があります。

「不易」は、「いつまでも変わらないこと」「流行」には「時代に応じて変化すること」という意味があります。

例えば、老舗の料理店が、お店を存続するためには、創業の精神、伝統的文化のような、本質的なものを忘れず、さらに流行を取り入れる必要があります。

このようなことを、「老舗を存続させるためには、いつでも不易流行の考えを忘れてはいけない」などという文章にできます。

「温故知新」と「不易流行」の違い

「温故知新」と「不易流行」の違い

「温故知新」「不易流行」の違いを、分かりやすく解説します。

「温故知新」には、「過去の事実を研究し、そこから新しい知識や見解を開くこと」という意味があります。

一方で、「不易流行」は、「いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものを取り入れていくこと」という意味があります。

どちらも、ビジネスや人生を成功させるため、欠かせない考えという共通点があります。

ただし、「温故知新」は、「古いものを馬鹿にせず、必要なものを取り入れること」を意味し、「不易流行」は、「新しいものを馬鹿にせず、必要なら取り入れること」という意味の違いがあります。

どちらも大切な教えが含まれていますが、「古いもの」を重視するのが「温故知新」で、「新しいもの」を重視するのが「不易流行」という違いがあります。

まとめ

まとめ

「温故知新」「不易流行」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。