「勘違い」と「思い込み」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「勘違い」と「思い込み」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「勘違い」「思い込み」の違いを分かりやすく説明していきます。

「勘違い」とは?

「勘違い」とは?

「勘違い」の意味と使い方について紹介します。

意味

「勘違い」「かんちがい」と読み、「ものごとを間違って記憶してしまうこと」という意味です。

ものごとをうっかり間違って捉えてしまい、本来の意味とは違って認識してしまうことを言います。

使い方

「勘違い」は形容動詞であり「勘違いだ・である」と使ったり、「勘違いする・した」と動詞を伴って使います。

「勘」とは「ものごとの意味や良い・悪いを直感的に捉えて判断する能力」のことで、ここが違ってしまう為に生じる誤解のことを言います。

意味が理解できていた場合には単なる「間違い」いなります。

「思い込み」とは?

「思い込み」とは?

「思い込み」の意味と使い方について紹介します。

意味

「思い込み」「おもいこみ」と読み、「深く心に刻む」「そうだと決めて信じ切ってしまうこと」という意味があります。

後に違うと分っても真実を打ち消して、考えを変えようとしない傾向があります。

使い方

「思い込み」は名詞で、動詞形は「思い込む」です。

人に対して「思い込みが激しい」と使われることが多くなります。

「思い込み」をする人は、自分が正しいと信じてしまい、周囲の人の意見に耳を貸そうとしません。

明らかに常識的におかしいことでも、自分の信念で貫き通そうとします。

「勘違い」と「思い込み」の違い!

「勘違い」と「思い込み」の違い!

「勘違い」「思い込み」の違いを、分かりやすく解説します。

認識の違い

「勘違い」「単純に間違って認識すること」です。

「思い込み」「そうであると固く信じること」です。

期間

「勘違い」は、比較的、短期間で間違いに気付きます。

「思い込み」は、長い間、間違っていることに気付きません。

まとめ

まとめ

「勘違い」「思い込み」は、捉え方に違いがあります。

仕事上うっかりミスは「勘違い」、屁理屈をこねるのが「思い込み」だと思いましょう。