「友達」と「友人」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「友達」と「友人」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「友達」「友人」は同じ意味を持つ同義語として認識されていますが、実際には使い方・ニュアンスに違いがあります。

「友達」「友人」の意味・使い方の違いを正しく理解できているでしょうか?この記事では、「友達」「友人」の意味・用法の違いを、分かりやすく説明していきます。

「友達」の意味や使い方

「友達」とは「対等な人間関係を結んでいて、一緒に会ったり遊んだりする親しい相手」「お互いに心を許しあっていて、相手のためを思えるような親しい人」を意味しています。

また「人間以外の心が通じていると感じるペット・動物・ぬいぐるみ・ボール(物)」などに対しても、比喩的に「友達」の言葉が使われます。

「友達」の表現の使い方は「プライベートな場面」「親しい相手(昔から知っている相手)との会話」で使うことが可能であり、「個人的(私的)・フランクで親密な印象」を与えます。

例えば、「彼女とは小学生の頃から友達です」のような例文で使えます。

「友人」の意味や使い方

「友人(ゆうじん)」とは、「対等な人間関係で、定期的に会ったり話したりする親しい間柄の相手・友達」を意味しています。

「友人」の表現の使い方は「パブリックな場面」「上司・目上の人との会話」で使うことができ、「公的な改まった印象・私事ではない印象」を与えます。

例えば、「(上司に)ぜひ私の友人をそのプロジェクトに役立つ人材として紹介させてください」のような例文で使えます。

「友達」と「友人」の違い

「友達」「友人」の違いを、分かりやすく説明します。

「友達」「友人」はどちらとも、「定期的に会ったり話したりする親しい相手」を意味していますが、「友達」「友人」と比べると「子供っぽいニュアンス・フランクな砕けた印象」が強くなっています。

そのため、大人(社会人)がある程度フォーマルな場面やそれほど親しくない相手と話す状況で、「友」について言及する時には「友達」ではなく「友人」を使うという違いがあります。

「友達」の表現は「プライベートな場面・親しい相手との会話・子供っぽい(遊び相手の友の)ニュアンス」で使うという慣習的な用法があり、「友人」の表現は「パブリックな改まった場面・目上の人との会話・大人同士の友のニュアンス」で使うという用法の違いを指摘できます。

「友達」を使った例文と意味を解釈

「友達」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「学生時代の友達と久しぶりに集まって、忘年会を兼ねた飲み会をしました」

この「友達」を使った例文は、「友達」の表現を、「学生時代に心を許しあって親しく交流していた人たちと久しぶりに集まって」という意味合いで使っています。

「友人」を使った例文と意味を解釈

「友人」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「(結婚式会場で)それでは、ご友人を代表してAさんに新郎との思い出のスピーチをお願いしたいと思います」

この「友人」を使った例文は、「友人」の表現を、「対等な人間関係で結ばれていて、一緒に多くの時間を共有してきた親しい人(フォーマルな場面での言い方)」の意味で使っています。

まとめ

「友達」「友人」の読み方・用法の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「友達」「対等な人間関係を結んで、定期的に会ったり遊んだりする親しい相手」を意味していて、主に「プライベートな場面(親しい相手との会話)」で使います。

それに対して、「友人」というのは「対等な間柄で、定期的に会ったり話したりする親しい相手」を意味していて、主に「パブリックな改まった場面・文章(上司・目上の人との会話)」で使います。

「友達」「友人」の意味・用法の違いを詳細に調べたい時には、この記事の説明をチェックしてみてください。