「ブルドック」と「フレンチブルドック」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ブルドック」と「フレンチブルドック」の違い 動物・植物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ブルドック」「フレンチブルドック」はよく似た外見をしている犬種ですが、「ブルドック」「フレンチブルドック」の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「ブルドック」「フレンチブルドック」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ブルドック」とは?

「ブルドック」とは?

「ブルドック」とは、「18世紀のイギリスで牛いじめにおいて、牛(ブル)に対抗できる犬として品種改良で開発された犬種」です。

1835年に「動物虐待防止法」で牛いじめが禁止されてからは、愛玩犬にするために「温厚で人懐っこい性格」に品種改良され、現在では闘争本能と戦闘能力は失っています。

「ブルドック」「つぶれた顔・ずんぐり体型・だぶついた皮膚」の特徴を持っていて、目・皮膚・呼吸器の病気になりやすい犬種です。

「フレンチブルドック」とは?

「フレンチブルドック」とは?

「フレンチブルドック」とは、「18世紀のフランスで英国人の織物職人により、ブルドックとパグやテリアを交配させてできた犬種」です。

「フレンチブルドック」「ブルドック」よりも小型で動きが機敏な犬種であり、コウモリ耳と呼ばれる立った耳を持っています。

その性格もさらに愛玩犬(ペット)に適した温和・陽気で気立ての良いものに品種改良されています。

「フレンチブルドック」「ブルドック」と同じく「目・皮膚・呼吸器の疾患」に弱く、普通に出産できないので「帝王切開」によって仔犬を出産する特徴を持っています。

「ブルドック」と「フレンチブルドック」の違い!

「ブルドック」と「フレンチブルドック」の違い!

「ブルドック」「フレンチブルドック」の違いを、分かりやすく解説します。

「ブルドック」とは、18世紀のイギリスで「牛いじめ」という見世物に出場させるために品種改良された犬種です。

しかし、その後の品種改良で運動能力や噛む力が衰えて暑さ・寒さに弱い虚弱体質になったため、現在のブルドックは大人しい性格をしていて戦いなどに適応できない犬種になっています。

「フレンチブルドック」「ブルドック」ではなく、18世紀のフランスでブルドックとパグやテリアを掛け合わせて作られたブルドックよりも小型の犬種という違いがあります。

「フレンチブルドック」「ブルドック」よりもさらに陽気・温厚で気立てが優しい特徴があり、比較的飼いやすい犬種という違いも指摘できます。

まとめ

まとめ

「ブルドック」「フレンチブルドック」の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ブルドック」というのは、「18世紀イギリスで牛(ブル)に対抗できる犬として品種改良で開発された犬種ですが、現在は温厚な性格で牛と戦う運動能力のない犬種」です。

それに対して、「フレンチブルドック」とは「18世紀フランスで英国人の手により、ブルドックとパグやテリアを交配させてできた犬種」です。

「ブルドック」「フレンチブルドック」の違いを知りたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物・植物
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物