「司法書士」と「行政書士」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「司法書士」と「行政書士」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では「司法書士」「行政書士」の違いを分かりやすく説明していきます。

「司法書士」とは?

「司法書士」とは?

「司法書士」の意味と概要について紹介します。

意味

「司法書士」「しほうしょし」と読み、「法務局や裁判所に提出する公式の書類作成を代行する人」のことです。

個人や企業が、法律に関する書類を作成する時に、不備がないように代わりに作成する仕事をします。

概要

「司法書士」は、法律的な事務手続きをする時に、難解な書類の作成を代行する人のことを言います。

具体的には、「不動産登記」「会社登記」「裁判所・法務局に提出する各種書類」があります。

「司法書士」になるには、法務省が実施する「司法書士試験」に合格して、「司法書士会」に加入します。

年齢や学歴に関係なく誰でも受験できて、最近では通信教育サービスも増えています。

「行政書士」とは?

「行政書士」とは?

「行政書士」の意味と概要について紹介します。

意味

「行政書士」「ぎょうせいしょし」とよ読み、「各都道府県庁や区役所、警察署など、国の機関に提出する書類の相談や作成代行、手続きなどをする人」のことです。

公式の書類作成や手続きを専門とする職業です。

概要

官公庁に提出する書類は非常に複雑なことが多く、種類も多いので、どの手続きにどの書類が必要なのか、一般の人には良く分からないものです。

その様な時に「行政書士」に相談すれば、必要な書類が分ったり、スムーズに作成できる様になります。

「行政書士」も国家資格であり、取得後に「行政書士会」に加入して開業します。

「司法書士」と「行政書士」の違い!

「司法書士」と「行政書士」の違い!

「司法書士」は、「登記や裁判などに関する書類手続きを代行してくれる法律の専門家」です。

「行政書士」は、「官公庁に提出する書類を代行してくれる法律の専門家」です。

まとめ

まとめ

「司法書士」「行政書士」は、専門とする内容が違います。

どちらも国家試験に合格しないとなれない職種です。