「セミナー」と「講座」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「セミナー」と「講座」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「セミナー」「講座」の違いを分かりやすく説明していきます。

「セミナー」とは?

「セミナー」とは?

「セミナー」とは、あるテーマに対して講師となる人が、多数の参加者の前で講義を行い、それに対する質疑応答がある会合のことです。

講師となる人間は1人とは限らず、参加者の数も少ない場合には5人程度のこともあり、一方的に講義を聞くのではなく、分からなかったことやもっと深い内容などの説明も求めることができる形式で行われます。

「講座」とは?

「講座」とは?

「講座」とは、元は「講師が座る場所」という意味からきている言葉で、その講師による教えを乞う場面に対して使われています。

対面で行われるとは限らず、テキストやDVDなどの送付による「通信講座」なるものも存在します。

近年では、オンラインによる「講座」も珍しくなく、講師から何かの教えを受ける場合に広く用いられる表現となっており、どのような形であっても、分からないことなどの質問、それに対する回答といったやりとりが行えると考えていいでしょう。

「セミナー」と「講座」の違い

「セミナー」と「講座」の違い

「セミナー」「講座」の違いを、分かりやすく解説します。

「セミナー」は、多人数を集めて行われるもので、講師による講義、及び質疑応答という流れで開催されます。

勉学的なものや技術的なもの、特定の分野に対する知識の習得になるものなど、その内容は様々です。

「講座」は、対面で行われる場合もありますが、その方法には色々あり、通信講座やオンライン講座といったものも盛んに行われています。

こちらも質疑応答に該当する質問などがセットになっていると考えて構わず、一方的に教えを受けるだけではありません。

まとめ

まとめ

「セミナー」「講座」は、このような違いになります。

自宅で何かしらの「講座」を通信形式、オンライン形式で受けているという人も少なくなく、中には楽器の弾き方まで、そのような方法で「講座」として行われています。