「脚本家」と「小説家」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「脚本家」と「小説家」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「脚本家」「小説家」の違いを分かりやすく説明していきます。

「脚本家」とは?

「脚本家」とは?

「脚本家」とは、脚本を書くことを職業にしている人を言います。

シナリオライターは同義語となります。

脚本は演劇、映画、ドラマなど、上演をする際、元となるもので、台詞、演出、注意などを書き記したものです。

「この脚本家のドラマは必ず観るようにしている」「彼は新人の脚本家だが、とても面白いものを作る」「脚本家が、原作の世界観をまるで理解していない、駄作だ」などと、使います。

「小説家」とは?

「小説家」とは?

「小説家」とは、小説を書くことを職業にしている人を言います。

「作家」が同義語となります。

小説は文学の一形式のことで、散文体の文学です。

生活、道徳、思想、物語性など、作者が自由な方法、スタイルで読む人に向けて書くものです。

「小説家と名乗ってはいるが、まったくヒットしていなし、稼げていない」「売れない小説家と言われているが、根強いファンがいる」「小説家になるのは小さい頃からの夢でした」などと、使います。

「脚本家」と「小説家」の違い!

「脚本家」と「小説家」の違い!

「脚本家」「小説家」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも文章を書くことを職業にしているという共通点があります。

ですが、仕事内容などは違いがありますので、混同しないようにしてください。

まず「脚本家」ですが、脚本とは台本、シナリオのことを言います。

映画、演劇、ドラマの上演のもととなる、台詞、演出、場面の状況といったこと書いたものです。

例えば、漫画、小説など原作があって、そこから脚本を作り上げるといったこともあります。

一方の「小説家」ですが、これは作家とも言い、小説を書くことを職業にしている人のことです。

小説は散文体の文学で、作者が自由な方法、スタイルで読者を対象に人間模様、社会などを描くものを言います。

素晴らしい小説は、ドラマ、映画、アニメ、漫画となることもあります。

まとめますと「脚本家は台本、脚本を書くことが職業の人」「小説家は、小説を書くことを職業としている人」となります。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「脚本家」「小説家」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの仕事内容の違いを理解して、使い分けるようにしましょう。