スポンサーリンク

「スキャンティ」と「パンティ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スキャンティ」と「パンティ」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

女性の下着で「スキャンティ」「パンティ」にはどの様な違いがあるのでしょうか。

それぞれの言葉の意味と概要についても紹介します。

スポンサーリンク

「スキャンティ」とは?

「スキャンティ」とは?

「スキャンティ」の意味と概要について紹介します。

意味

「スキャンティ」とは、「女性の下着で、布地面積が著しく小さいもののこと」という意味です。

履きこみが浅く、最低限度の部位をカバーしていて、縁にはゴムが通してあるので、脱ぐと小さく縮まるものを言います。

概要

「スキャンティ」は、70年代に女性用下着が地味すぎることから開発されたランジェリーです。

それまで下着は「パンツ」と言われ、女性用は「パンティ」と呼ばれていました。

可愛らしい色柄で、重要な部分がかろうじて隠れる程度の小さな下着に対してつけられた名称です。

「パンティ」とは?

「パンティ」とは?

「パンティ」の意味と概要について紹介します。

意味

「パンティ」は、「女性の下着全般のこと」という意味です。

主に英語圏の地域で使われる言葉で、大きさは様々です。

概要

日本では女性用下着のことを「パンティー」と呼んでいました。

昔の日本人は「ティ」という発音が苦手で「パンテー」と言う人もいました。

1980年~1990年に下着業界が新たな販売戦略の為に「ショーツ」という言葉を作り普及させ為に、現在では「ショーツ」と呼ばれることが多くなっています。

「スキャンティ」と「パンティ」の違い!

「スキャンティ」と「パンティ」の違い!

「スキャンティ」は、「必要最低限の布を使った女性用下着」です。

「パンティ」「女性用下着の総称」です。

2つの違いは「布地の面積」という点です。

まとめ

まとめ

「スキャンティ」「パンティ」はどちらも女性用下着の呼名ですが、最近では「ショーツ」が使われることが多くなっています。

「スキャンティ」を知らない若い人もいるので注意しましょう。