「純愛」と「恋愛」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「純愛」と「恋愛」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「純愛」「恋愛」は意味がよく似ていますが、一体どの様な違いがあるのでしょうか。

それぞれの意味と概要についても紹介します。

「純愛」とは?

「純愛」の意味と概要について紹介します。

意味

「純愛」は、「相手に対して見返りを求めない、ひたむきな愛情のこと」という意味です。

ひたすら相手のことが好きで、その気持ちを大切にしたいと考えることを言います。

概要

「純愛」は、「純粋な愛情」、つまり何があっても一途で、相手に対して「こうして欲しい」と求めたり、浮気をしたりしません。

あくまで自分が相手に対して真っ直ぐ好きだと思う気持ちで、一緒にいるだけで嬉しいと思うのです。

精神的なつながりを大切にして、男女の関係にならなくても満足できます。

相手が幸せならば自分も幸せであり、相手の為ならば全てを捨ててもいいと思う程です。

「恋愛」とは?

「恋愛」の意味と概要について紹介します。

意味

「恋愛」は、「特定の異性に愛情を感じて、いとしいと思うこと」という意味です。

相手に対して自分のことをより深く好きになって欲しいと願う気持ちを表します。

概要

「恋愛」は、異性同士が愛情を持って接することで、相手にも同じ感情を要求します。

つまり、一方的に相手のことが好きなだけではなく、相手に対して愛情の見返りを求めることも含まれます。

また、駆け引きや妥協、または二股などもあり、自分との相性を見極める為に様々な手段と取ることもあるのです。

「純愛」と「恋愛」の違い!

「純愛」「相手に対して見返りを求めない一方的な愛情」です。

「恋愛」「相手に対して見返りを期待する相互的な愛情」です。

「自分さえ好きなら良いのか、お互い好き合いたいのか」という点が違います。

まとめ

「純愛」「恋愛」は、似ている様ですが愛情のベクトルの向きが違います。

まずは「純愛」、次に「恋愛」へと発展させていきましょう。