「焼く」と「炒める」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「焼く」と「炒める」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

調理方法で「焼く」「炒める」はどの様な違いがあるのでしょうか。

それぞれの言葉の意味と概要についても紹介します。

「焼く」とは?

「焼く」の意味と概要について紹介します。

意味

「焼く」の調理における意味は「食材を火で直接加熱すること」です。

肉や魚などに直接火を当てて、周囲が焦げる様にして火を通すことを言います。

概要

「焼く」は、直接火を当てて、十分に加熱することを表しますが、最近ではフライパンや鍋などを使い、食材を動かさずに火で加熱すことを表す様になっています。

バーベキューなど大きな食材に対して使われることが多く、表面は焦げますが、中はふっくらとしていたり、ジューシーに仕上がるのが特徴です。

「炒める」とは?

「炒める」の意味と概要について紹介します。

意味

「炒める」は、「調理器具を使用して、食材を混ぜながら加熱すること」です。

食材を刻み、フライパンや鍋などで素早く混ぜ合わせながら火を通すことを言います。

概要

「炒める」は、調理器具を使って、食材を混ぜながら加熱調理をすることを言います。

一般的に食材を適当な大きさに刻んで、油を引き、短時間で手早く混ぜて火を通す時に使われます。

混ぜている段階で味付けまで済ませることが多く、食材が細かいので味が馴染み易く、均一に火が通るのが特徴です。

「焼く」と「炒める」の違い!

「焼く」「食材を動かさずに加熱すること」です。

「炒める」「食材をカットして、かきまぜながら手早く加熱すること」です。

2つの言葉は調理方法が全く違うのです。

まとめ

「焼く」「炒める」は調理方法が全く違います。

自宅で料理を作る時には、どちらの調理方法なのかを確認しておきましょう。