スポンサーリンク

「つぶあん」と「こしあん」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「つぶあん」と「こしあん」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「つぶあん」「こしあん」の違いを分かりやすく説明していきます。

一見すると同じ言葉に見えるような、「つぶあん」「こしあん」という2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「つぶあん」とは?

「つぶあん」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「つぶあん」は、「粒餡」と漢字表記します。

「つぶあん」は、「小豆が粒のままか、つぶしてある餡」という意味があります。

「つぶあん」は小豆の皮ごと入れられている餡のため、皮に含まれるポリフェノールの作用で、抗酸化作用が期待できるとされています。

そのため、「つぶあんが入った大福を食べると、抗酸化作用によって、若返るかもしれない」などという文章を作ることができます。

また、「つぶあん」は、「こしあん」に比べると歯ごたえがあり、食感が豊かという特徴があります。

そのため、「食感が楽しめるこしあんのほうが好きだ」などという文章にできます。

他にも、「大判焼に入れるなら、つぶあん一択だ」などという文章を作ることができます。

「こしあん」とは?

「こしあん」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「こしあん」「漉し餡」と漢字表記します。

「こしあん」は、「似た小豆などをすりつぶし、裏ごしして皮を除き、砂糖や塩を加えて作った餡」という意味があります。

「こしあん」は、小豆の皮が入っていない分、「つぶあん」のものに比べて、カロリーが低いという特徴があります。

そのため、「ダイエット中なので、こしあんの大福を食べることにした」などという文章を作ることができます。

また、滑らかな舌触りが好きだという人は、「こしあん」「つぶあん」なら、「こしあん」を選ぶかもしれません。

そのため、「だんごに餡を乗せるなら、私は舌触りが滑らかな、こしあん派だ」などという文章にできます。

「つぶあん」と「こしあん」の違い

「つぶあん」「こしあん」の違いを、分かりやすく解説します。

「つぶあん」は、「小豆が粒のままか、つぶしてある餡」という意味があります。

一方で「こしあん」は、「似た小豆などをすりつぶし、裏ごしして皮を除き、砂糖や塩を加えて作った餡」という意味があります。

このように「つぶあん」「こしあん」は、どちらも小豆を使って作る餡という共通点があります。

ただし、「つぶあん」は、小豆を粒のままか、軽くつぶしたものを指すのに対して、「こしあん」は、小豆を裏ごしし、皮を除いたものを指す言葉になります。

このように、「つぶあん」「こしあん」には製法の違いがあります。

そのため、「つぶあん」は粒の食感を楽しめるのに対して、「こしあん」は、滑らかな舌触りを楽しめるという違いもあります。

まとめ

「つぶあん」「こしあん」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、だんごや、大判焼、大福などを購入する時などに買い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物