スポンサーリンク

「何分」と「何分間」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「何分」と「何分間」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「何分」「何分間」の違いを分かりやすく説明していきます。

時間にまつわる表現を覚えていきましょう。

スポンサーリンク

「何分」とは?

何分(なんふん・なんぷん)とは、何時何分かということ。

指定された時間を尋ねたり、今の時刻を聞いたりする表現です。

そのため「いま何分ですか?」と聞くと、今の時刻をまわりの人に尋ねられます。

また「待ち合わせは何分ですか?」と質問すると、その場所に行くべき時刻を教えてもらえます。

12時30分や7時15分など、きっかりその時刻をあらわす表現が「何分」です。

また「何分」「なにぶん」とも読めます。

こちらはビジネスの表現で「どうぞ」と同じ意味があります。

そのため「何分よろしくお願いします」というのは「どうぞよろしくお願いします」の改まった言い方になります。

読み方によって、意味が大きく異なってくるので注意しておきましょう。

「何分間」とは?

何分間(なんふんかん・なんぷんかん)とは、まとまった時間の単位をあらわします。

連続しておこなう時間、使用できる時間の「ひとつの区切り」です。

何分間はサービスを受けられる時間を、尋ねるときに使います。

たとえば「食べ放題は何分間ですか?」と質問すると、バイキング形式のレストランで、どのくらいの飲食できるのか尋ねられます。

また「何分間、借りられますか?」と質問すると、どのくらいの時間そのアイテムをレンタルできるのか、質問できます。

途切れがなく、連続して流れていく時間のまとまりが「何分間」です。

「何分」と「何分間」の違い

いずれも同じ漢字が使われているので、紛らわしいです。

「何分」「何分間」の違いを、分かりやすく解説します。

・ピンポイントの「何分」継続する「何分間」
「何分」「何分間」はどちらも、時間を尋ねるときに用います。

ただその意味合いは、大きく異なっています。

まず「何分」とは、10時5分や13時45分など、ある特定の時刻ぴったりを指します。

過去や未来は関係なく、ピンポイントでその時刻をあらわすのが「何分」です。

そのため「何分ですか?」と質問すると、単純に今の時刻を聞けます。

また「会議は何分からですか?」と聞くと、ミーティングの始まりを尋ねられます。

知りたい時刻を指定して、質問できるのが「何分」です。

一方で「何分間」は、ある時刻とある時刻のまとまり、間隔をあらわします。

そのため「何分間ですか?」と聞くと、スタートから終わりまで、どのくらいの時間があるのか質問できます。

始まりと終わり、2つの時間軸を結び付けているのが「何分間」です。

「何分」がある時刻ぴったりを表現するのに対して「何分間」はある時刻とある時刻の、間をあらわします。

まとめ

「何分」「何分間」の違いを分かりやすくお伝えしました。

「何分」とは、特定の時刻をあらわします。

「何分?」で現在時刻を質問できます。

また「何分間」は始まりと終わりの、時間帯をあらわします。

「何分間?」は、続けてどのくらい使用できるのか、質問できる表現になります。

語彙力を養っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物