スポンサーリンク

「雇われママ」と「チーママ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「雇われママ」と「チーママ」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「雇われママ」「チーママ」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「雇われママ」とは?

「雇われママ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「雇われママ」は、「やとわれまま」と読みます。

「雇われママ」は、「オーナーに雇われているママのこと」という意味があります。

クラブやスナックなどの女主人のことを「ママ」と呼びますが、オーナー兼、ママではなく、お店のオーナーは別にいる場合、「雇われママ」と呼びます。

オーナーと「雇われママ」として契約する時、定額の給料制にする場合もあれば、売り上げによって報酬が変動する歩合制にする場合もあります。

また、店の売り上げが基準に達していなければ、次の「雇われママ」に交代されてしまうという厳しい立場でもあります。

「チーママ」とは?

「チーママ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「チーママ」「小ママ」と表記することができます。

「チーママ」は、「酒場などで、女主人に次ぐ立場の女性のこと」という意味があります。

クラブなどにおいて「ママ」に次ぐ存在のホステスなどを、「チーママ」と呼びます。

「ママ」をフォローしながら、ホステスとしての仕事も行うという、裏方作業と、接客作業の両方を行う役割を果たします。

ママが店に来ないときは、「チーママ」がその代わりを果たすため、お酒や酒の肴の発注をしたり、会計をするなど仕事は多岐にわたります。

また、自分が先頭に立つのではなく、ママを立てながら行動し、ママとの円滑な関係を保つことが大切になります。

ただし、いずれは独立して店を持つ可能性もあるため、その時のために客との結びつきを強くしておく必要もあります。

このように「チーママ」は、ママをサポートしながらホステスとしても働くため、仕事が多岐にわたる、お店にとって欠かせない存在になります。

「雇われママ」と「チーママ」の違い

「雇われママ」「チーママ」の違いを、分かりやすく解説します。

「雇われママ」は、「オーナーに雇われているママのこと」という意味があります。

一方で「チーママ」は、「酒場などで、女主人に次ぐ立場の女性のこと」という意味があります。

どちらも、クラブやスナックで働いている女性を指す言葉という共通点があります。

ただし、「雇われママ」は、ママとして、店長としての役割を担うのに対して、「チーママ」はママに次ぐナンバーツーの立場という違いがあります。

そのため、「雇われママ」は、基本的にママとしての仕事しかしませんが、「チーママ」は、ママのサポート役とホステス業を両立しなければならないという違いがあります。

まとめ

「雇われママ」「チーママ」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、クラブやスナックに行った時、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物