スポンサーリンク

「小雨」と「弱雨」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「小雨」と「弱雨」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「小雨」「弱雨」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「小雨」とは?

「小雨」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「小雨」は、「こさめ」と読みます。

「小雨」は、「少し降る雨。

小ぶりの雨。

また、細かい雨」
という意味があります。

例えば、朝、外を見たら少し雨が降っていたが、昼頃にやむような場合があるのではないでしょうか。

この場合は、「朝、小雨が降っていたが、昼になったらやんだ」などという文章にできます。

また、小ぶりの雨が降っていたが、傘を差さずに歩く場合は、「小雨だが、気にせず傘を差さずに歩いた」などという文章を作ることができます。

さらに、運動会をするかどうかを、天気を見て決める時、小ぶりの雨が降っていることがあります。

多少濡れるかもしれないけれど、運動会をやることができそうだという場合は、「小雨が降っているが、運動会を決行する」などという文章にできます。

「弱雨」とは?

「弱雨」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「弱雨」「じゃくう」と読みます。

「弱雨」は、「弱い雨」という意味があります。

辞書に記載されている言葉ではなく、気象庁で用いられる、気象用語になります。

天気予報で、「弱雨」という場合は、「1時間の雨量が、3㎜未満の強さの雨」という定義になります。

これは、1時間雨が降り続いても、3㎜程度しか雨水がたまらない雨を指します。

例えば、天気予報で気象予報士が、1時間降っても、地表に3㎜程度しか雨水がたまらない程度の雨が降るという場合は、「弱雨が降るでしょう」などと表現することができます。

また、今日は雨が降るけれど、弱い雨なので、それほど気にする必要がないという場合は、「今日は弱雨が降りますが、強い雨にはならないでしょう」などという文章を作ることができます。

「小雨」と「弱雨」の違い

「小雨」「弱雨」の違いを、分かりやすく解説します。

「小雨」は、「少し降る雨。

小ぶりの雨。

また、細かい雨」
という意味があります。

一方「弱雨」は、「弱い雨」という意味があります。

「小雨」「弱雨」も、弱い雨を意味するという共通点があります。

どちらも、傘を差さなくても、歩ける程度の雨となります。

ただし、「小雨」「弱雨」を比較した場合、「弱雨」の方が雨量が多く、「小雨」の方が少ないという違いがあります。

また、天気予報で「弱雨が降る」と言う場合は、「小雨が降る」という意味も含まれていることになります。

このように、「小雨」「弱雨」は、ほとんど同じくらいの雨量を意味する言葉になりますが、「小雨」「弱雨」よりも、雨量がやや少ないという違いがあります。

まとめ

「小雨」「弱雨」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、天気予報を見たときなどの参考になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物