スポンサーリンク

「クラリネット」と「フルート」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クラリネット」と「フルート」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「クラリネット」「フルート」の違いを分かりやすく説明していきます。

楽器の差を学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「クラリネット」とは?

クラリネットとは木管楽器のひとつ。

トランペットに似た、柔らかくて温かい音が出せます。

低音から高音まで幅広い音域をたのしめる、人気の楽器です。

オーケストラの重々しい演奏から軽快なジャズまで、色々なシーンで吹かれています。

クラリネットはマウスピースと呼ばれる吹き口に唇をあてがい、キーの空洞を抑えながら好みのメロディを奏でていきます。

しっかり息を吹き込まないと音が鳴らせないので、コツをつかむまでは難しく感じることもあります。

ただ息が漏れないようにしっかりマウスピースを噛み、右手と左手で正しくキーを抑えていくと、呼吸が安定してうまく吹けるようになります。

柔らかくて親しみやすい音色なので、中級者になると夢中になって演奏していけます。

「フルート」とは?

フルートも昔からある木管楽器です。

小鳥のさえずりに例えられるように、繊細でまるみを帯びた音を出せます。

個性が強すぎないので、他の楽器とのセッションも楽しめます。

フルートはリッププレートにある空洞に唇をあてがい、横から吹いていきます。

右手と左手でキーを押しながら、音を鳴らしていきます。

斜めに構えて吹いていくのが、正しい構えです。

フルートはとても優雅な楽器ですが、きちんと自分のものにするためには長い時間がかかることもあります。

ただ軽くて持ち運びしやすく、比較的リーズナブルに買えるので、世界中に多くの愛好者がいます。

エレガントで気品のある、一度は習っておきたい楽器です。

「クラリネット」と「フルート」の違い

どちらも人気の木管楽器です。

「クラリネット」「フルート」の違いを、分かりやすく解説します。

・縦に構える「クラリネット」横に流す「フルート」
クラリネットとフルートは、どちらも人気の木管楽器になります。

大きな違いは、演奏時のスタイルです。

クラリネットは上下に構えて、音を出します。

複雑な音域を出せるので、軽快なポップスからしっとりしたジャズまで色々なジャンルを楽しめます。

そしてフルートは斜めに構えて、音を出していきます。

右に流すように、軽くもつのがフルートの基本です。

フルートは軽やかで、高さのある音を出せます。

クラシックからポップスまで演奏できます。

ちなみに重量はクラリネットの方が重く、大きさもクラリネットの方が大きいです。

フルートはクラリネットより軽く、華奢なシルエットになっています。

どちらも低価格のモデルが出ているため、初心者でも手を出しやすいです。

まとめ

「クラリネット」「フルート」の違いを分かりやすくお伝えしました。

クラリネットは存在感のある、木管楽器です。

縦に構えて、深い音を奏でていきます。

そしてフルートは優雅で気品のある木管楽器です。

横に流すように構えて、高音を出していきます。

どちらも芸術的で、親しみやすい楽器です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物