スポンサーリンク

「ハミング」と「鼻歌」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ハミング」と「鼻歌」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ハミング」「鼻歌」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ハミング」「鼻歌」という2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「ハミング」とは?

「ハミング」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ハミング」は、「humming」と英語表記します。

「ハミング」は、「口を閉じ、声を鼻に抜いて、旋律を唄うこと」という意味があります。

言葉にすると、「ふんふんふん」というような歌い方になります。

例えば、掃除をしているときに、好きな音楽が頭に浮かんできて、口を閉じ、声を鼻に抜いて、旋律を唄うことがあるかもしれません。

この場合は、「掃除をしながら、好きな曲をハミングする」などという文章にできます。

また、テレビを見ていたら、CMソングが流れてきたため、無意識でそのメロディに合わせて、口を閉じ、声を鼻に抜いて、歌ってしまうような場合があります。

このような場面では、「テレビのCMソングに合わせて、知らないうちにハミングしていた」などという文章を作ることができます。

「鼻歌」とは?

「鼻歌」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「鼻歌」「はなうた」と読みます。

「鼻歌」は、「気分の良い時などに、鼻にかかった低い声で歌を唄うこと」という意味があります。

例えば、恋人とデートをして、解散した後で、その日の楽しい時間を思い出しながら、一人で帰宅するかもしれません。

そのような気分の良さから、流行曲を、鼻にかかった低い声で唄うことがあるかもしれません。

この場合は、「デートの楽しい時間を思い出しながら帰宅していると、自然と鼻歌を唄っていた」などという文章を作ることができます。

また、株式投資をしている人が、昼休みに自分の持ち株が高騰していることを知り、午後の仕事中、鼻にかかった低い声で歌を唄ってしまうかもしれません。

この場合は、「持ち株の株価が高騰していたため、つい仕事中に鼻歌を唄ってしまった」などという文章にできます。

「ハミング」と「鼻歌」の違い

「ハミング」「鼻歌」の違いを、分かりやすく解説します。

「ハミング」は、「口を閉じ、声を鼻に抜いて、旋律を唄うこと」という意味があります。

一方で「鼻歌」は、「気分の良い時などに、鼻にかかった低い声で歌を唄うこと」という意味があります。

このように、どちらも、小さく歌を唄うというような意味があります。

ただし、「ハミング」「口を閉じている」のに対して、「鼻歌」は、小さく口を開いているという場合があるという違いがあります。

また「ハミング」は、歌詞を口ずさんだりせず、メロディだけを唄うのに対して、「鼻歌」は、歌詞を唄うことがあるという違いもあります。

まとめ

「ハミング」「鼻歌」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物