スポンサーリンク

「パンジー」と「ビオラ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「パンジー」と「ビオラ」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「パンジー」「ビオラ」の違いを分かりやすく説明していきます。

似た印象の花を意味する「パンジー」「ビオラ」という2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「パンジー」とは?

「パンジー」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「パンジー」は、「pansy」と英語表記します。

「パンジー」は日本名が「サンシキスミレ」になります。

「パンジー」は、「スミレ科の越年草で、春から初夏にかけて、蝶の舞う形をした、紫と白、黄色の3色、または単色の花のこと」という意味があります。

「パンジー」はヨーロッパ原産で、「胡蝶菫(こちょうすみれ)」と呼ばれることもあります。

秋から春にかけて、美しい花を咲かせる「パンジー」は、ベランダのプランターなどに植えておくと、冬の日の癒しになりそうです。

このことから「パンジーを見ると、寒い冬でも心が温まる」などという文章にできます。

「ビオラ」とは?

「ビオラ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ビオラ」「viola」とラテン語表記します。

「ビオラ」は、「園芸種のスミレの一種で、花の小さなサンシキスミレのこと」という意味があります。

「ビオラ」は丈夫な植物で、耐寒性、耐暑性があり、屋外でも育てやすい花となります。

そのため、寄せ植えでよく見かける花になります。

このようなことから、「寄せ植えをするなら、耐寒性と耐暑性が抜群なビオラは欠かせない」などという文章を作ることができます。

また、「ビオラ」はカラーバリエーションが豊富なので、花壇に色どりを加えやすい植物になります。

そのため、「ビオラを植えると、花壇がカラフルになって素敵だ」などという文章にできます。

「パンジー」と「ビオラ」の違い

「パンジー」「ビオラ」の違いを、分かりやすく解説します。

「パンジー」は、「スミレ科の越年草で、春から初夏にかけて、蝶の舞う形をした、紫と白、黄色の3色、または単色の花のこと」という意味があります。

一方「ビオラ」は、「園芸種のスミレの一種で、花の小さなサンシキスミレのこと」という意味があります。

どちらも、スミレ科スミレ属の植物で、植物学上は、同じ植物として扱われています。

ただし、園芸界では、花の大きさによって、区別しています。

具体的には、花の直径が5㎝以上の場合は、「パンジー」となり、4㎝以下のものは「ビオラ」と呼ばれることになります。

このように、「パンジー」「ビオラ」は、植物学上の区別はなく、園芸界では、大きなものが「パンジー」、小さなものが「ビオラ」と呼ぶという違いがあります。

まとめ

「パンジー」「ビオラ」の違いについて見てきました。

実は二つの花は、植物としての違いはありませんでした。

しかし、園芸界では、大きなものと小さなものという区別をしています。

このような違いを知ることで、花屋で「パンジー」「ビオラ」を買い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物