スポンサーリンク

「高いドライヤー」と「安いドライヤー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「高いドライヤー」と「安いドライヤー」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「高いドライヤー」「安いドライヤー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「高いドライヤー」とは?

価格の高い乾燥器のことです。

ドライヤーとは乾燥器のことですが、一般的には髪の毛を乾かすものを指します。

高いには、地面など基準となる場所から高い位置にある、一般的なものよりも高い水準である、金銭の額が大きいといった意味があります。

ここでいう高いとは、金銭の額が大きいことです。

どれくらいの額を高いと感じるかは人それぞれで、「高いドライヤー」が意味する高いは、具体的にいくらなのか定義はされていません。

5000円以下で購入できるものがあることを考えると、3万円や4万円ほどするものはこの言葉が指すものにあてはまるでしょう。

この言葉が指すものは、機能が付けられていることが一般的です。

たとえば、髪にうるおいを与える、キューティクルを守る、マイナスイオンを発生させる、ブラッシングのダメージを抑える、速く乾かすなどです。

こういった機能がついていると価格に反映されます。

しかし、価格が高いからといって優れているとは限りません。

価格には、開発費や宣伝広告費なども含まれています。

大々的に広告をしていると広告宣伝費が大きくなり、その分が製品の価格に反映されます。

「高いドライヤー」の使い方

髪を乾かす器械で価格の高いものを指して使用する言葉です。

どの程度の価格を高いと感じるかは人それぞれですが、数万円するものはこれにあてはまります。

「安いドライヤー」とは?

価格の低い乾燥器のことです。

髪を乾かすものを指します。

安いには値段が低いという意味があります。

どの程度を値段が低いと感じるかは人それぞれですが、数千円程度で購入できるものは、この言葉が指すものにあてはまります。

機能はそれほど多くはなく、温風と冷風しかでないものも珍しくありません。

マイナスイオンがでる機能がつけられているものはあります。

「安いドライヤー」の使い方

髪を乾かす器械で価格が低いものを指して使用する言葉です。

数千円程度で購入できるものをいいます。

「高いドライヤー」と「安いドライヤー」の違い

髪を乾かす機能を備えている点は同じです。

前者はそれ以外にも、うるおいを与える、キューティクルを守るなどの機能が加えられています。

後者は髪を乾かす機能だけのものが珍しくありません。

「高いドライヤー」の例文

・『高いドライヤーで髪を乾かす』
・『高いドライヤーが壊れてしまった』
・『店員さんに高いドライヤーを勧められる』
・『高いドライヤーを使う』

「安いドライヤー」の例文

・『安いドライヤーを持っている』
・『髪を乾かすには安いドライヤーで十分』
・『通販で購入した安いドライヤー』
・『3000円で購入した安いドライヤー』

まとめ

どちらのものにも髪を乾かす機能が備わっています。

違いは、それ以外の機能もついているか、ついていないかです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物