スポンサーリンク

「高いギター」と「安いギター」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「高いギター」と「安いギター」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「高いギター」「安いギター」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「高いギター」とは?

ひょうたん型をした胴体からさおが伸びており、そこに弦を張った楽器で、価格が高いもののことです。

弦を弾いて音を出します。

価格が高いとは具体的にいくらなのか定義はありません。

一般的には数万円程度で購入できるものは、これにあてはまらず、数十万円するものを指します。

価格が高くなる理由は、使用している木材やパーツ、製作された年代などです。

ギターの胴体部分やさおとなる部分には木材が使用されているのですが、この木材にはいろいろな種類があります。

たとえば、ハードメイプル、ソフトメイプル、マホガニーなどです。

木材によって特徴が異なり、質がよいものを使用していると価格が高くなります。

ギターには、弦や弦をまくパーツなどが使用されています。

このパーツがどのようなものなのかによっても価格が変わります。

新品できれいなものほど価格が高くなりそうですが、古いものでも高価なものがあります。

ビンテージものと呼ばれるもので100万円を超えることもあります。

「高いギター」の使い方

ひょうたん型をした胴体にさおを取り付け、そこに弦を張った楽器で、価格が高いものを指して使用する言葉です。

「安いギター」とは?

ひょうたん型をした胴体からさおが伸びており、そこに弦を張った楽器で、価格が低いもののことです。

ギターは胴体部分とさおとなる部分で構成されています。

その他にも、ペグ、ブリッジ、ナット、ピックガードなど、いくつかのパーツを使用しています。

これら、使用しているものの質が価格に影響を与えます。

たとえば胴体やさおに使用する木材を安価なものにすれば、ギターの価格を抑えることができます。

安い素材はそれなりのもので、よい音は期待できません。

普段楽器に触らない人にはわからない程度かもしれませんが、ギターを弾き続けている人なら違いがわかります。

「安いギター」の使い方

ひょうたん型をした胴体にさおを取り付け、そこに弦を張った楽器で、価格が低いものを指して使用する言葉です。

具体的にいくらという定義はありませんが、1万円以下のものはこれにあたります。

「高いギター」と「安いギター」の違い

形は同じで、価格に違いがあります。

価格が違うのは、使用している素材や製造された年代などによります。

音は価格が高いものの方がよいといわれています。

「高いギター」の例文

・『高いギターを演奏する』
・『高いギターを貸してもらう』
・『思い切って高いギターを購入する』
・『高いギターを大切に手入れする』

「安いギター」の例文

・『安いギターを買ってもらった』
・『安いギターを探す』
・『安いギターを譲り受ける』
・『安いギターを売りに出す』

まとめ

2つの言葉が指すものは価格が違い、価格の違いは使用している素材などによるものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物