スポンサーリンク

「印象」と「感想」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「印象」と「感想」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「印象」「感想」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「印象」とは?

「印象」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「印象」は、「いんしょう」と読みます。

「印象」は、「人間の心に対象が与える直接的な感じ。

また強く感じて忘れられないこと」
という意味があります。

例えば、何かを見たときに、心に強く感じられた場合は、「印象が強い」と表現することができます。

また、人の心に与える直接的な感じが乏しく、なかなか一度会っただけでは覚えてもらえない人がいます。

このような人の様子は、「印象が薄いタイプなので、覚えられない」などという文章にできます。

さらに「印象」には、「美学で、対象が人間の精神に直接与える、感覚的、あるいは情熱的な影響」という意味があります。

このような意味で、19世紀の絵画のムーブメントを作った、モネら画家たちのことを「印象派」と呼びます。

「感想」とは?

「感想」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「感想」「かんそう」と読みます。

「感想」は、「物事について、心に感じたことや思ったこと」という意味があります。

例えば、夏休みの宿題に、本を読んで心に感じたことを作文にするというものがあります。

そのため、「夏休みに読書感想文を書く宿題が出た」などという文章にできます。

また、2人で映画を観た後で、お互いに心に感じたことや思ったことを苦にするかもしれません。

この場合は、「映画を観た後で、感想を述べる」などという文章を作ることができます。

さらに、初デートを終えて解散した後で、デートをした相手に、デートを通じてどのように感じたか、確かめたくなるかもしれません。

このような場面では、「デートの感想を聞きたいが、怖くて聞けない」などという文章にできます。

「印象」と「感想」の違い

「印象」「感想」の違いを、分かりやすく解説します。

「印象」は、「人間の心に対象が与える直接的な感じ。

また強く感じて忘れられないこと」
という意味があります。

一方で、「感想」は、「物事について、心に感じたことや思ったこと」という意味があります。

どちらも、何かを見た時、物事に対する反応について意味する言葉という共通点があります。

ただし、「印象」は、「感じたイメージ」を意味する言葉なのに対して、「感想」は、「感じたことに対する思い」を意味するという違いがあります。

そのため、「印象」は、感じたことが漠然としているのに対して、「感想」の場合は、感じたことをはっきりと言葉にできるという違いがあります。

そのため、物事に対する漠然と感じたことを「印象」と呼び、物事に対する、具体的な思いなどを「感想」と呼ぶようにしましょう。

まとめ

「印象」「感想」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物