スポンサーリンク

「延期」と「延長」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「延期」と「延長」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「延期」「延長」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「延期」とは?

「延期」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「延期」は、「えんき」と読みます。

「延期」「期日や期限を延ばすこと」という意味があります。

何かの期日、期限を延ばす場合は、「延期」という言葉を使ってみましょう。

例えば、映画の公開を、4月に予定していたものの、諸事情があって、延ばす必要があるかもしれません。

このような場合は、「映画の公開を、5月に延期する」などという文章にできます。

また、イベントの開催を目前に控えていたが、トラブルによって、開催が困難になってしまったという場合があるかもしれません。

準備が整い次第、開催するという場合は、「イベントを無期限延期し、準備ができ次第開催する」などという文章を作ることができます。

さらに、ボクシングのタイトルマッチが、病気や、トラブルなどで開催されず、延ばされることが続く場合があるかもしれません。

このような場合は、「ボクシングのタイトルマッチが、何度も延期される」などという文章にできます。

「延長」とは?

「延長」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「延長」「えんちょう」と読みます。

「延長」は、「長さや期間を延ばすこと。

また、延びること」
という意味があります。

例えば、イベントが好評で、機関を伸ばすことになった場合は、「人気イベントの期間が延長された」などという文章を作ることができます。

また、「延長」には、「足し合わせた全体の長さ」という意味があります。

例えば、ある航空会社が扱う、航空路線の長さを足して10万キロになる場合は、「延長10万キロに及ぶ、航空路線」などと表現することができます。

さらに、「延長」には「ひとつづきのもの。

つながるもの」
という意味があります。

例えば、仕事とプライベートの境目がなく、ひとつづきになっている人がいるかもしれません。

この場合は、「仕事はプライベートの延長になっている」などという文章を作ることができます。

「延期」と「延長」の違い

「延期」「延長」の違いを、分かりやすく解説します。

「延期」「期日や期限を延ばすこと」という意味があります。

一方で、「延長」は、「長さや期間を延ばすこと。

また、延びること」
という意味があります。

このように、「延期」「延長」には、「期間を延ばすこと」という共通の意味があります。

ただし、「延長」には、「長さを延ばす」という意味が含まれています。

一方で「延期」には、そのような意味がないという違いがあります。

そのため、「コードを延長する」という言葉はありますが、「コードを延期する」という言葉はないということになります。

まとめ

「延期」「延長」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物