スポンサーリンク

「二十日大根」と「ラディッシュ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「二十日大根」と「ラディッシュ」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「二十日大根」「ラディッシュ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「二十日大根」とは?

アブラナ科ダイコン属の一種です。

原産地はヨーロッパといわれています。

日本に伝わってきたのは明治初期ごろです。

大根の仲間で、葉の下に肥大した部分がみられます。

肥大している部分は丸形で、外側が赤色、内側が白色をしています。

直径は2cmほどです。

いくつもの品種があり、長細い形のものや紅白のグラデーションのものもあります。

この植物の名は、20日で育つことが由来になっています。

しかし、実際には20日では収穫できるほどには育ちません。

それだけ早く育つという意味です。

生食することが多く、サラダにして食べられています。

生食をしても大根の先端ほどの辛さはありません。

また、浅漬け、甘酢漬けなどにもされます。

加熱する料理には、スープ、バター醤油炒め、味噌汁などがあります。

外側が赤いので彩りを添えるためにも使われます。

「二十日大根」の使い方

アブラナ科ダイコン属の一種を指して使用する言葉です。

葉の下に丸形の肥大した部分がある植物で、その部分が赤い色のものを指しています。

「ラディッシュ」とは?

アブラナ科ダイコン属の一種です。

原産地はヨーロッパといわれています。

日本に伝わってきたのは明治初期ごろです。

葉の下には肥大した部分がついています。

この部分は根で、たいていは丸い形をしており、外側が赤色、内側が白色をしています。

コメット、サクサ、紅白などいくつかの品種があり、根の部分が丸形ではなく楕円であったり、紅白のグラデーションだったりするものもあります。

根は生食にされることが多いです。

サラダとして食べられています。

もちろん加熱料理にも使うことができ、スープや炒め物などにして食べられています。

葉の部分も食用されています。

他の野菜や肉と炒める、ゆでて和え物にする、マリネや酢の物にするなどの食べ方があります。

葉の部分は日持ちしないので、購入をしたら1~2日程度で食べ切るようにします。

葉と根の部分に分けて保存するのが望ましいです。

「ラディッシュ」の使い方

アブラナ科ダイコン属の一種を指して使用する言葉です。

葉の下の肥大した部分が丸く、赤色のものをいいます。

「二十日大根」と「ラディッシュ」の違い

2つのものは同じです。

前者は和名になります。

見た目にも味にも違いはありません。

サラダなど生食されることが多く、同じ食べ方がされています。

「二十日大根」の例文

・『二十日大根を育てる』
・『二十日大根を収穫する』
・『二十日大根を使ったサラダ』
・『最近二十日大根をよく食べている』

「ラディッシュ」の例文

・『ラディッシュのマリネ』
・『ラディッシュを使ったおしゃれなお弁当』
・『ラディッシュを購入する』
・『ラディッシュを冷蔵庫にしまう』

まとめ

2つの言葉が指しているものは同じものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物