「ネグレスト」と「ネグレクト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ネグレスト」と「ネグレクト」の違い違い比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ネグレスト」「ネグレクト」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ネグレスト」とは?

ネグレクトを行う人のことを指します。

ネグレクトとは、幼児・高齢者などの世話や養育、介護が必要な人に対して、世話などを行わないことです。

対象になる人は、児童や、障害者、高齢者、患者などです。

「ネグレスト」は、育児放棄や介護放棄をする人のことを意味しています。

自分自身の世話を行わない場合には、「ネグレスト」ではなく、「セルフネグレクト」といわれています。

ネグレストになってしまう原因には、孤立している、経済的に困っている、世話、養育、介護する力が無いなど、様々なものがあります。

原因がどのようなものであれ、ネグレストは、相手に対する関心が薄れてしまっていることが多くなります。

「ネグレスト」の使い方

虐待の一種である、世話を放棄する人に対して使います。

「ネグレストになる」や、「ネグレストだった」などと、使用します。

「ネグレクト」とは?

英語の“neglect”には、無視する、軽視する、怠る、忘れるなどの意味があります。

「ネグレクト」は、そこからきた言葉で、心理的虐待と身体的虐待の一種になります。

具体的には、食事や服を与えない、排泄物の処理を怠る、話さない、通学させない、長時間放置するなどがあります。

他の虐待を伴うことも多くなります。

「ネグレクト」には、大きく分けて二種類あるといわれます。

一つ目は積極的ネグレクト、二つ目は消極的ネグレクトです。

積極的ネグレクトは、子育てなどを出来ない明確な理由が無いのに、育児を放棄する場合です。

消極的ネグレクトは、経済力の不足、世話をする人が病気や知的障害を抱えているケースや、無学で育児の方法が分からない場合などがあります。

子どもは、「ネグレクト」されると、健全な心身の発育を妨げられてしまいます。

最悪のケースでは死に至ることさえあります。

また、ペットの面倒をみない場合にも、「ネグレクト」ということがあります。

「ネグレクト」の使い方

子どもや高齢者などの世話、養育、介護などをしないときに使います。

「ネグレクトする」「ネグレクトされる」などと、使用します。

「ネグレスト」と「ネグレクト」の違い

「ネグレスト」は、「ネグレクト」する人を意味しています。

「ネグレスト」の例文

・『子どもが成長してから気が付いたが、自分はネグレストだったのかもしれない』
・『母親がネグレストだったので、ひとりでいることが苦手になってしまいました』
・『ネグレストが増えて、児童相談所は多忙を極めている』
・『産後鬱なのか、ネグレスト気味になったのか、赤ちゃんのおむつを替えることが、とても億劫になってしまいました』

「ネグレクト」の例文

・『幼児がネグレクトされ、亡くなってしまったことを、ニュースで知りました』
・『ネグレクトされて育ったので、子どもを育てる自信がありません』
・『妻の家事育児放棄は、もうネグレクトの域に達していると思う』

まとめ

「ネグレクト」は、幼児や高齢者などの世話を放棄することで、「ネグレスト」は、「ネグレクト」する人のことを指します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い比較
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物