「盛ん」と「盛大」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「盛ん」と「盛大」の違い違い比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「盛ん」「盛大」の違いを分かりやすく説明していきます。

「盛ん」とは?

「盛ん」には4つの意味があります。

1つめは、他を圧倒する力、活力、自然の活動力がいいさまです。

燃える火のことで考えてみます。

薪をするときには、まずは紙や小枝など燃えやすいものに火をつけ、それから火を大きくしていきます。

火をつけたばかりのときは、小さな勢いです。

そこに大きな木材などを入れると、火の勢いが大きくなってきます。

この大きくなった勢いのことを指して「火が盛んに燃える」といいます。

これは、自然の活力がいいさまです。

2つめは、人がもっとも元気な時期であるさまです。

人生の中には、いろいろな時期があります。

病気がちなときもあれば、仕事をどんどんこなせるときもあるでしょう。

「盛ん」とは、活力に満ちていて精力的に動くような時期のことを指しています。

先の例だと、後者の様子をいいます。

3つめは、規模が大きくにぎやかに行われるさまです。

パーティーのことで考えてみます。

このパーティーには、何十人もの人が招待されました。

数多くの料理が出され、飲み物もたくさん振る舞われました。

オーケストラを呼んで生の演奏も行われました。

このパーティーは規模が大きくにぎやかだといえるでしょう。

4つめは、積極的に何度も行われるさまです。

別れを惜しむとき、何度も何度も勢いよく手を振ることがあると思います。

こういったさまを意味しています。

「盛ん」の使い方

規模が大きく、にぎやかで、勢いがあることを指して使用します。

人のようすや物事のようすに使用できます。

「盛大」とは?

儀式・集会・事業などの規模が大きく、活気があるさまのことです。

オリンピックのような式典は、規模が大きく、数多くの人によって行われて活気があります。

開会式では、花火が打ち上げられる、映像が流れる、ダンスを披露するなどが行われます。

こういった、規模が大きく、にぎやかで、立派なさまを意味している言葉です。

もう少し身近なところでは、集会が「盛大」に行われることがあります。

大勢が集まり、生き生きとした雰囲気で、立派に行われるようなことをいいます。

「盛大」の使い方

儀式・集会・事業などについて使用をします。

規模が大きく、活気があるさまを指しています。

「盛ん」と「盛大」の違い

前者の言葉は、勢いの強さを表しています。

水や火など自然界のものや、人の勢い、儀式や集会などの勢いをいいます。

後者の言葉は、規模が大きくにぎやかであるさまを表しています。

儀式・集会・事業などについていいます。

「盛ん」の例文

・『盛んに宣伝をする』
・『盛んに手を振る』
・『セミが盛んにないている』

「盛大」の例文

・『開会式は盛大に行われた』
・『誕生日を盛大に祝ってくれた』
・『盛大な拍手に迎えられる』

まとめ

どちらの言葉も勢いのことを指しているのですが、一方は活力、自然界、人間の行動などを指しており、もう一方は儀式や集会などのことを指しており、何の勢いなのかという点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い比較
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物