スポンサーリンク

「太巻き」と「キンパ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「太巻き」と「キンパ」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「太巻き」「キンパ」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「太巻き」とは?

「太巻き」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「太巻き」は、「ふとまき」と読みます。

「太巻き」は、「太く巻くこと。

また、太く巻いたもの」
という意味があります。

板海苔を一枚使用することにより、一般的な「海苔巻き」よりも、太くなり、たくさんの具材を詰め込むことができます。

一般的に使用される具材として、マグロやキュウリ、エビ、卵焼き、かんぴょう、いくらやアナゴ、シイタケなどがあります。

また、節分の日に食べると縁起がいいとされる、「恵方巻(えほうまき)」は、「太巻き」などの「海苔巻き」のことを指します。

節分の夜に恵方に向かって、願い事を思い浮かべながら、丸かじりし、言葉を発せずに食べると願い事が叶うとされています。

通常の「太巻き」は、輪切りにして食べやすくして食べます。

輪切りにした断面の美しさが、「太巻き」の魅力でもあります。

ちなみに「太巻き」の細いものを「細巻き」と呼び、間の太さの「中巻き」という言葉もあります。

「キンパ」とは?

「キンパ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「キンパ」「きんぱ」と読みます。

「キンパ」は、「朝鮮料理の一つで、朝鮮風巻きずしのこと」という意味があります。

「キンパ」は朝鮮の巻きずしのことで、ごま油で風味をつけたご飯に、野菜や牛肉、キムチやタクワンなどの具材を入れて巻いたものを指します。

「キンパ」「キムパム」とも呼び、「キム」「海苔」「パプ」「ご飯」を意味します。

日本の「海苔巻き」とよく似た料理ですが、海苔の表面にゴマがまぶしてあること、またごま油の風味があることで、区別することができます。

「キンパ」の具材の定番は、炒めた牛肉のプルコギや、スパム、キムチ、たくあん、卵焼き、チーズなどになります。

「太巻き」と「キンパ」の違い

「太巻き」「キンパ」の違いを、分かりやすく解説します。

「太巻き」は、「太く巻くこと。

また、太く巻いたもの」
という意味があります。

一方で「キンパ」は、「朝鮮料理の一つで、朝鮮風巻きずしのこと」という意味があります。

どちらも、海苔巻きを意味する言葉という共通点があります。

ただし、「太巻き」は日本料理なのに対して、「キンパ」は朝鮮料理という違いがあります。

また、「太巻き」とは違い、「キンパ」はごま油で風味付けするという違いがあります。

さらに、「太巻き」「海苔巻きの太いもの」を意味しますが、「キンパ」「海苔巻き」を意味し、太いものもあれば細いものもあるという違いがあります。

まとめ

「太巻き」「キンパ」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、「太巻き」「キンパ」を作り分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物