「栄える」と「映える」の違いとは?意味を詳しく解釈

言葉・言語

「栄える」「映える」の違いについて紹介します。

さらに「栄える」「映える」を使った例文と意味を紹介し、解釈して行きます。

「栄える」の意味や使い方

「栄える」には、「立派に感じられる」「目立っている」という意味があります。

例えば、友達がたくさんいる中で、誰かの服装が立派に感じられたり、目立って見えることがあるかもしれません。

このような時、「A君が友達の中で、いちばん栄えていた」などと、「栄える」という言葉を使ってA君の立派さを説明できます。

「映える」の意味や使い方

「映える」には「光を受けて照り輝く」「引き立って見える」という意味があります。

何かが光を受けて、鮮やかな様子を見せたり、輝いている様子になっている時、「映える」という言葉を使います。

例えば、夕日に照らされた山が照り輝いている姿を見たことがあるかもしれません。

このような山の様子を「夕日に照らされて山が映えている」などと、「映える」という言葉を使って説明できます。

「栄える」と「映える」の違い

「栄える」「映える」という言葉の違いを紹介します。

「栄える」は、「立派に感じられる」「目立っている」ことを意味します。

一方で「映える」には「光を受けて照り輝く」「引き立って見える」という意味があります。

どちらも何かが素敵に見えている様子を表現している言葉ですが、「映える」は、光などに照らされた場合、またあざやかに見える時に使う言葉になります。

また「栄える」は、他と比較した時に、引き立って見える時に使う言葉になります。

何かが立派に見えたり素敵に見えた時、理由が光やあざやかさによるものなら「映える」、他のものとの対比によるものなら「栄える」を使ってみましょう。

「栄える」を使った例文と意味を解釈

「栄える」を使った例文を紹介し、意味を解釈します。「彼女の演技は、ドラマ出演者の中で『栄えて』見える」

この例文はあるドラマを見た時、一人の女優の演技が目立っているという文章になります。

このように「栄える」には、「立派に感じられる」「目立っている」という意味があります。

他の役者と比較して、目立って見えたり立派に見える時、「栄える」という言葉を使います。

「映える」を使った例文と意味を解釈

「映える」を使った例文を紹介し、意味を解釈します。

「美貌が『映える』服装を用意する」

この例文は、容貌が美しい人の様子が、引き立って見えるような服装を用意するという文章になります。

「映える」には「光を受けて照り輝く」「引き立って見える」という意味があります。

美しい女性が、さらに美しく見えるような服装を、「映える服装」などと言います。

まとめ

「栄える」「映える」という言葉の違いについて見てきました。

二つの似た言葉には、微妙な意味の違いがあるため、その違いを知り、使い分けられるようにしましょう。