「LINE」と「SNS」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「LINE」と「SNS」の違い IT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマートフォンが普及してから、インターネット利用の機会が一気に増えてきました、 その中で“LINE”“SNS”というキーワードが当たり前のように飛び交っている昨今です。

今回はこれら“LINE”“SNS”などの言葉の意味などを改めて見ていきたいと思います。

“LINE”と“SNS”各々の解釈

まずは“LINE”“SNS”各々の言葉の意味を解釈していくことにします。

“LINE”の意味や使い方

“LINE”は、「LINE株式会社という企業が提供しているソーシャル・ネットワーキング・サービス」「このサービスをサポートしているクライアンアプリの名称」のことです。

スマホやパソコンに対応しており、インターネットによる通話やテキストチャットなどのやり取りができます。

「グループLINE」などの言葉でも使われています。

“SNS”の意味や使い方

“SNS”とは“Social Networking Service”=「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の略で、友人や仲間同士のコミュニティーを広げる集まりのことを指しています。

“LINE”と“SNS”の違い

では、“LINE”“SNS”には、どのような違いがあるのでしょうか?

“SNS”は、「コミュニティーを広げる集まり」のことを指していますが、その具体的な手段はたくさんあります。

それらの手段は、独自の特徴があり、それを駆使して様々などをやり取りができるようになっています。

“LINE”は、この“SNS”の1つに位置付けられます。

そのようなことから“LINE”=“SNS”ではなく、“LINE”<“SNS”という理解になります。

その他の“SNS”について解釈

“SNS”には“LINE”の他にも次のようなものがあります。

「インスタ」

「インスタ」「インスタグラム」の略で、“Instagram”がオリジナルです。

これはFacebook社が提供している無料の写真共有アプリケーションで、自撮りした写真をアップさせて楽しむことができます。

よく芸能人が使っていることでも知られています。

「フェイスブック」

「フェイスブック」“Facebook”という英語表記でも知られていますが、Facebook社が提供している“SNS”の1つです。

始まりはアメリカの学生交流を目的に開発されたもので、サークルメンバーの募集や、就職・趣味などでも情報交換に利用されています。

画像・動画の投稿は、メンバー間のメッセージ交換などもできます。

「ツイッター」

「ツイッター」“Twitter”という表記で、アメリカのTwitter社が手掛ける“SNS”です。

「ツイートする」という言葉で広まっていますが、半角280文字以内のメッセージの他に画像・動画・URLを投稿することができます。

まとめ

“LINE”“SNS”の他にも色々なキーワードを紹介してきましたが、これらのサービスは単なるコミュニティー手段だけでなく、ビジネスでの用途も広がっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物