スポンサーリンク

ソフトウェア類の「パッケージ版」と「ダウンロード版」の違いとは?分かりやすく解釈!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「パッケージ版」と「ダウンロード版」の違いIT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ソフトウェア類の「パッケージ版」「ダウンロード版」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「パッケージ版」とは?

「パッケージ版」とは?

「パッケージ版」とは、物理的なパッケージ製品のことです。

店頭にその形で置かれていたり、通販でもパッケージとして送られてくることになります。

その中にソフトが収録されたDVD-ROMなどの媒体と、説明書、保証書などが同梱されており、それらでパッケージとして完成しています。

ただし、近年では使用の前にアクティベーション(ネットによる認証)が必要なものも増えているので、そういったソフト類は、それが行われるまで利用することができません。

「ダウンロード版」とは?

「ダウンロード版」とは?

「ダウンロード版」は、ネットを通してダウンロードする形式の製品になります。

よって、パッケージや説明書などが一切無く、多くはインストール前の状態をダウンロードし、実行することで利用できる状態になります。

説明書などがある場合、それらも一緒にダウンロードすることになります。

その為、物理的な物は一切残りませんが、それらが無い分、同じソフトでも「パッケージ版」より安価に設定されていることがほとんどです。

「パッケージ版」と「ダウンロード版」の違い

「パッケージ版」と「ダウンロード版」の違い

「パッケージ版」「ダウンロード版」の違いを、分かりやすく解説します。

「パッケージ版」は、ソフトとしてのパッケージで流通しているもので、「ダウンロード版」は、ダウンロードによって利用できるものだという違いになります。

ネットへの常時接続や以前より高速な通信が可能になったことで、ゲームソフト類にも「ダウンロード版」が用意されていることが増えてきており、ネットさえ利用できればすぐに購入できるという点も、「パッケージ版」より安価な点に加えて、「ダウンロード版」のメリットだと言っていいでしょう。

まとめ

まとめ

「パッケージ版」「ダウンロード版」は、このような違いになります。

「パッケージ版」の方が安心感こそありますが、その為に多少金額が張る(ことが多い)と覚えておくといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物