「会合」と「会議」の違いは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「会合」と「会議」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「会合」「会議」の違いを分かりやすく説明していきます。

「会合」とは?

「会合」とは、人が集まって開かれる各種の集会のことを広く指して使われる言葉です。

「ちょっとした会合がある」のように、それほどの規模でもない何かの集まりがあるという意味から、「とても大事な会合が行われている」といったように、大きなものにも使うことができます。

色々なパーティーや講習会なども、この「会合」と表現でき、どんな集まりなのかをあまり詳しく言いたくない、説明が面倒だという時にも便利に使える表現です。

「会議」とは?

「会議」は、何かしらの決定、または意志の統一をはかる為に行われる「会合」のことです。

進行役となる発起人が召集する場合や、特にそのような存在がなく、自主的に集まって行われることもあり、結果的に、ただ話し合うだけで終わったというケースもあります。

ですが、特定のテーマがあってこそ行われるものなので、決定には至らなかった場合でも、共通認識としてどのような問題があるのか、どういったことを考えるべきなのかなどと、参加者同士で情報の共有が行われることに変わりはありません。

「会合」と「会議」の違い

「会合」「会議」の違いを、分かりやすく解説します。

「会合」は、「集会」とよく似て意味になる言葉で、何かの理由から人が集まって開かれるものです。

単に集まっただけという場合には使うことはなく、少なくとも1つはテーマがあって行われると考えてください。

「会議」は、何かの決定や参加者の意思確認の為に行われます。

「会合」と呼ばれるものの1つになり、議題が挙がり、それについて話し合うといったスタイルになることがほとんどです。

決定や結論が出なかった場合でも、それに向けて行われた場合には、この「会議」だったと用いて構いません。

まとめ

「会合」「会議」は、このような違いになります。

「会合」と呼ばれる1つが「会議」だというけ関係になり、何かを決める為の「会合」は、その「会議」と呼ばれることになります。