スポンサーリンク

「観察」と「分析」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「観察」と「分析」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「観察」「分析」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「観察」とは?

「観察」とは?

「観察」は、ある程度の期間、対象について見ることという意味になります。

「昆虫の成長の様子の観察」や、「この患者の病状は、引き続き観察が必要になる」といったように使う言葉で、それについての記録は、可能な限り客観的な視点でつけると考えていいでしょう。

特定の生物や現象などを対象にして日々記録したものは、「観察日記(日誌)」と呼ばれることが多く、客観的ではあるものの、記録する人による感性の違いなどから、同じ対象でも似た内容になるとも限りません。

「分析」とは?

「分析」とは?

「分析」は、細かく調べ、内容や性質などを明らかにすることです。

「成分の分析」とすると、その物体を構成している成分の調査、及び結果の報告までになります。

言葉としては、結果までは含まれていないものの、それを出すのが目的となる為、「分析作業」などと使った時には、その作業による結果までがそれになると考えて構いません。

「観察」と「分析」の違い

「観察」と「分析」の違い

「観察」「分析」の違いを、分かりやすく解説します。

「観察」は、客観的に見続けることという意味になります。

ある程度の期間と書きましたが、それについては様々で、何十分という単位のこともあれば、何ヶ月、何年という場合もあります。

そのように、「観察」の対象になるものによって行われる期間は様々ですが、ほんの僅かな時間だけといった場合には使わない表現です。

「分析」は、細かく調べることで、それによって対象の内容や性質が明らかになることが目的です。

ただし、それがうまくいくとは限らず、「分析を試みたが、失敗に終わった」ということもあります。

物理的なものから、目には見えないものまで広い対象に使える言葉で、「失敗した理由の分析」といった用い方をされることもあります。

まとめ

まとめ

「観察」「分析」は、このように異なります。

「観察」は、あくまで見続け、場合によっては記録するという行為になり、何かしらの手を加えるといったことは行いません。