「キャッシュフロー」と「資金繰り」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キャッシュフロー」と「資金繰り」の違い 金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この事では、「キャッシュフロー」「資金繰り」の違いを分かりやすく説明していきます。

「キャッシュフロー」とは?

「キャッシュフロー」とは?

「キャッシュフロー」とは、企業におけお金の流れという意味で使われる言葉です。

これがどうなっているかといった使われ方になることが多く、「明確なキャッシュフローを提示して欲しい」などと使われることが多いです。

顧客などからの入金から、そこから必要経費がいくら掛かった、更に従業員などの給与に当たる分、最終的に残った利益といったようなお金の流れ全てのことが、この「キャッシュフロー」と表現されます。

「資金繰り」とは?

「資金繰り」とは?

「資金繰り」は、企業が活動の為に必要な資金集めをするという意味になります。

「資金繰りがうまくいっていない」とすると、うまくそういった資金が集められていないという意味になり、これに困るようになってしまうと、企業としての存続が難しくなってしまいます。

基本的に、企業は銀行からこれを借りて経営しているものですが、業績の悪化などから銀行からのそれが入らなくなってしまう(融資が下りなくなってしまう)と、その他の手段が必要になってしまいます。

キャッシュフロー」と「資金繰り」の違い

キャッシュフロー」と「資金繰り」の違い

「キャッシュフロー」「資金繰り」の違いを、分かりやすく解説します。

「キャッシュフロー」は、お金の流れと言い換えると分かりやすく、意味もそのままなので、分かりやすい言葉です。

「資金繰り」は、活動資金を集めることで、時には新株の発行や、社債の発行などによって補うという場合もあり、これが滞ると企業としての活動がままならなくなってしまいます。

銀行から借りているうちはいいですが、ノンバンクになる商工ローンなどを利用すると、借りた直後はいいですが、銀行以上の金利が掛かってしまう為、返済が大変になって結局は立ち行かなくなってしまうことが多いと言われています。

まとめ

まとめ

「キャッシュフロー」「資金繰り」は、このような違いになります。

「キャッシュフロー」をきちんと管理することで、どれだけの「資金繰り」が必要になるのか分かり、それが今後の経営に役に立つことになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物