「宣伝」と「広報/PR」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「宣伝」と「広報/PR」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「宣伝」「広報/PR」の違いを分かりやすく説明していきます。

「宣伝」とは?

「宣伝」とは?

「宣伝(せんでん)」とは、「自社の商品・サービスを売るために、各種の広告物を使ってアピールする活動」「他者に向けて直接的に自己アピールすること」を意味しています。

「宣伝」というマーケティング用語は、「テレビCM・雑誌広告・ウェブ広告・DMやチラシなどの広告物を使って、自社の製品・サービスを直接アピールして売ろうとする活動」の意味を持っています。

「広報/PR」とは?

「広報/PR」とは?

「広報」とは、「テレビ・新聞・雑誌などのマスメディアに向けて情報をリリースすることで、自社の製品・サービス・情報を取り上げてもらおうとする活動」を意味するマーケティング用語です。

「PR」というのは「パブリック・リレーションズ」の略語で、「企業・政府が社会の人々と良好な関係を結ぶための活動」のことを示しています。

「PR」という用語は、「企業・団体が社会貢献につながる望ましい自己イメージや事業内容・製品情報・意見などを、大勢の人々に知らせることで理解・協力を得ようとする活動」を意味しています。

「宣伝」と「広報/PR」の違い!

「宣伝」と「広報/PR」の違い!

「宣伝」「広報/PR」の違いを、分かりやすく解説します。

「宣伝」「広報/PR」「自社について多くの人々に知ってもらうための活動」を意味している点では共通していますが、「宣伝」「自社の商品・サービスを売り込むために、テレビCM・チラシ・DM・雑誌・ウェブサイトなどの広告物を使って直接的にアピールすること」を意味しています。

それに対して、「広報」とは「新聞・雑誌などのマスメディアに自社の製品・サービス・情報を取り上げてもらうための活動」を意味している違いがあります。

「宣伝」「自社から一方的・直接的にアピールする方法」ですが、「広報」「マスメディアに情報をリリースして取り上げてもらう方法」という違いがあります。

「PR」「パブリック・リレーションズ」の略語で、「企業・団体が社会とより良い関係を構築するための活動」を意味している違いがあります。

まとめ

まとめ

「宣伝」「広報/PR」の意味の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「宣伝」というのは「自社の商品・サービスなどを売るために、広告物を使ってストレートにアピールすること」を意味していますが、「広報/PR」「マスメディアに紹介してもらうことで知ってもらう活動」「PR=企業・政府が社会・人々と良い関係を作るための活動全般」を意味しています。

「宣伝」「広報/PR」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。