スポンサーリンク
スポンサーリンク
「利益」と「キャッシュフロー」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「利益」「キャッシュフロー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「利益」とは?

「利益(りえき)」とは、「会社の営業活動で得た売上から必要経費を引いてプラスになったお金」のことを意味する経営用語です。

売上から差し引いて「利益」を計算する「必要経費」には、「仕入れ費・家賃・人件費・負債返済など」があります。

「利益」「収入(収益)・費用・損益」によって計算されますが、「売掛金・クレジットカード決済」などもあるため、「実際にお金が入ってくる時期」はリアルタイム(その場)ではなく一ヶ月以上先になることもあります。

「キャッシュフロー」とは?

「キャッシュフロー」とは、「会社が事業を行うための資金(現金・お金)の流れ」を意味している経営用語です。

「キャッシュフロー」は、「現時点でいくらのお金が入ってきて出て行っているのかの収支・今いくらの現金があるのか」を把握するための「お金の流れ」を示しています。

「キャッシュフロー」「収支・資金」によって把握するものですが、「利益」が出ていても「キャッシュフロー」が止まって資金不足(入金時期が経費・負債の支払い期限に間に合わない)になると、黒字でも倒産する恐れが出てきます。

「利益」と「キャッシュフロー」の違い!

「利益」「キャッシュフロー」の違いを、分かりやすく解説します。

「利益」「キャッシュフロー」「会社に入ってくるお金(入ることになるお金)」を意味している点では共通していますが、「利益」という経営用語は「会社の売上から必要経費(仕入れ・人件費など)を引いてプラスになったお金」のことを意味しています。

営業活動で「利益」を獲得しても売掛金・クレジットカード決済などもあるので、その場ですぐにお金(資金)が入ってくるわけではありませんが、そこが「キャッシュフロー」との違いになります。

「キャッシュフロー」とは、「事業に必要な資金(現金)の流れ」を意味する経営用語なのです。

「キャッシュフロー」「現時点でいくらのお金が入ってきて出て行くのかのお金の流れ」を意味していて、「利益」「売上から経費を引いて儲けたお金(入金の流れは一ヶ月以上先になることもある)」を意味する違いを指摘できます。

まとめ

「利益」「キャッシュフロー」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「利益」とは「営業活動によって会社が儲けたお金・売上から経費を引いてプラスになったお金」を意味していて、「キャッシュフロー」「事業などを行う元手になる資金(現金)の流れ」を意味している違いがあります。

「利益」「キャッシュフロー」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。