スポンサーリンク

「栄転」と「昇進」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「栄転」と「昇進」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「栄転」「昇進」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「栄転」とは?

「栄転」とは?

「栄転」は、今より高い地位になった上で、どこかに転任することを指して使われます。

「彼が大阪支店に栄転になった」などと使われる言葉で、この場合には、今より地位が上がり、大阪支店に転勤になったと言っています。

ただし、その企業として決して中心的ではない支店や、子会社などに「飛ばされる」場合にも、今より地位として上がっていれば、このように使うことがあります。

例えば、社員を数千人も抱える大企業の課長から、それが数十人単位の子会社に部長として出向(転任)することになったような場合がそれで、地位こそ上がっていますが、とても「栄転」と表現することはできません。

このような場合、見掛け上だけの「栄転」で、実質は「左遷」になると考えていいでしょう。

「昇進」とは?

「昇進」とは?

「昇進」は、地位が上がることの表現です。

「彼は今度、係長に昇進するそうだ」といったように用いられ、それに関してどうこういったと内容は何も含みません。

よって、先の「栄転」は、「昇進」した上での「転勤」ということになります。

ですが、「飛ばされる」といった解釈になる場合も少なくなく、特に本社と呼ばれる場所から地方への転勤になる場合、いくら地位が上がろうと、「栄転」とはあまり表現されません。

「栄転」と「昇進」の違い

「栄転」と「昇進」の違い

「栄転」「昇進」の違いを、分かりやすく解説します。

「栄転」は、地位が上がって転任になることで、「昇進」は、地位が上がることを指します。

「栄転」は、実は「左遷」だという場合もあると書きましたが、その場合の「昇進」は、ただの飾りということがあります。

本社から地方の営業所などに「飛ばす」際に、地位くらいは上げないと納得してもらうことができない為です。

その為、地方の支店などから本社勤務になり、その上で地位が上がるといった場合でもないと、明らかな「栄転」とは言えないと考えておきましょう。

まとめ

まとめ

「栄転」「昇進」は、このように異なります。

「栄転」とよべるのは、今と同等程度の場所に、地位が上がって転任する場合だけだと覚えておいていいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物