「負けない」と「勝つ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「負けない」と「勝つ」の違い 専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「負けない」「勝つ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「負けない」とは?

「負けない」とは「負ける」の動詞の未然形で、「競争・試合・戦いなどの勝負ごとにおいて、相手(敵)に敗れないこと、劣勢になって屈服させられないこと」を意味しています。

「負けない」には、「自分の欲望・衝動がコントロールできない状態にならない」「賭け事などで金銭を失わない」「肌がかぶれない」「商品を安くできない」などの意味合いもあります。

例えば、「食欲に負けない人はダイエットが成功します」「競馬で負けない方法を考える」「負けないかみそりは重宝します」「この大切な時計は1円も負けない」といった例文で使用できます。

「勝つ」とは?

「勝つ」という言葉は、「競争・戦い・勝負ごとにおいて相手(敵)を圧倒してまさること」「相手(敵)よりも優勢な立場で勝利を収めること」を意味しています。

「勝つ」という動詞の表現には、「競争・試合・戦いなどの勝負において、相手に打ち勝って圧倒する」という「攻める意志」が反映されています。

例えば、「絶対にこの試合に勝ちます」「勝つために訓練をしています」などの例文で使えます。

「負けない」と「勝つ」の違い!

「負けない」「勝つ」の違いを、分かりやすく解説します。

「負けない」「勝つ」も、「相手(敵)のいる勝負ごとで敗れないこと・劣勢にならないこと」を意味している点では同じです。

ただし、「勝つ」「相手に打ち勝って圧倒する結果・意思」「攻めのニュアンス」が強いのに対して、「負けない」「相手に争いで敗北しないこと・抵抗して劣勢にならないことの結果・意思」「守りのニュアンス」が強い違いがあります。

また「負けない」は多義語であり「勝つ」にはない、「自分の欲望・衝動に圧倒されない」「ギャンブルなどで金銭を失わない」「皮膚がかぶれない」などの意味を持っている違いも指摘できます。

まとめ

「負けない」「勝つ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「負けない」という動詞の未然形は「戦い・勝負において相手(敵)に対抗すること、敗北しないこと」「賭け事で金銭を失わないこと」などを意味していて、「勝つ」という動詞の終止形は「勝負(戦い)・試合・争いごとなどにおいて相手(敵)にまさること、勝利を収めること」を意味している違いがあります。

「負けない」「勝つ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。