「ガチャ爆死」と「無駄遣い」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ガチャ爆死」と「無駄遣い」の違い 新語・ネット語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ガチャ爆死」「無駄遣い」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ガチャ爆死」とは?

「ガチャ爆死」の意味と使い方について紹介します。

「ガチャ爆死」の意味

「ガチャ爆死」「がちゃばくし」と読みます。

意味は、「スマホのソーシャルゲームにおいて、課金して有料ゲーム内のマネーを使いガチャを回しても、欲しいキャラが1体も出なかったこと」「課金してガチャをしてもいらない雑魚キャラばかりが出てくること」です。

「ガチャ爆死」の使い方

「ガチャ爆死」は、ソシャゲ(ソーシャルゲームの略)をプレイしているにより作られたネットスラングです。

ゲーム内で、狙っているキャラクターがあるのに、何回ガチャを引いてもヒットしないことを表します。

ソシャゲでは、お目当てのキャラを手に入れる為に、課金をしてガチャと言われるくじの様なものを回します。

ガチャは当たる確率は10パーセント程とさほど低くはないのですが、運が悪いと何回ガチャを回しても欲しいキャラが出ずに、何時の間にか雑魚キャラばかり集まってしまうことがあります。

大金を費やしたのにお目当てのキャラが出てこなかった時に「ガチャ爆死」と言うのです。

「無駄遣い」とは?

「無駄遣い」の意味と使い方について紹介します。

「無駄遣い」の意味

「無駄遣い」「むだづかい」と読みます。

意味は、「スマホのソシャゲで課金し過ぎてしまうこと」です。

「無駄遣い」の使い方

「無駄遣い」は、ソシャゲでお金を使い過ぎることを表します。

本来がチャに必要な素材は、ゲーム内で配布されるのですが、ゲームをしながら貯めていくと集められるアイテムに限りがあり、ガチャを回せる回数が少なくなってしまいます。

そこで、お金を使ってアイテムを購入して、ガチャを回すことを「課金」と言い、それに万単位でお小遣いを費やしてしまうことを「無駄遣い」と言うのです。

「ガチャ爆死」と「無駄遣い」の違い!

「ガチャ爆死」「大金を費やして何度ガチャを回しても、欲しいキャラが出ないこと」です。

「無駄遣い」「ガチャを回す為に、大金を費やしてアイテムを手に入れること」です。

まとめ

今回は「ガチャ爆死」「無駄遣い」の違いをお伝えしました。

「ガチャ爆死はガチャで失敗すること」「無駄遣いはガチャを回す為の努力」と覚えておきましょう。