「別世界」と「異世界」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「別世界」と「異世界」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「別世界」「異世界」の違いを分かりやすく説明していきます。

「別世界」とは?

「別世界」の意味と概要について紹介します。

「別世界」の意味

「別世界」「べっせかい」と読みます。

意味は「地球以外の世界」「現実とかけ離れた環境」「全く異なった生活環境や境遇」になります。

「別世界」の概要

「別世界」は、自分が現在感じている世界の環境や雰囲気、生活様式などが全く違う様に感じることを言います。

つまり、SFファンタジーの様に、どこかの異次元空間にもう一つの世界があるのではなく、自分が置かれている境遇を「世界」とみなし、それとは全く違う境遇に思えることを言うのです。

「別」「わかれる」とも読み、「わける」「ちがい」「とりわけ」という意味があります。

今の自分の生きている環境との違いを「世界観」として表した言葉で、ある人や地域などで「信じられない習慣がある時」「今まで見たこともない様なことが起きた時」などに使われます。

「異世界」とは?

「異世界」の意味と概要について紹介します。

「異世界」の意味

「異世界」とは、「この世界とは別の世界」「文学作品などで描かれる現実とは全く様子の異なる世界」という意味です。

「異世界」の概要

「異世界」は、今自分がいる世界とは違う、もう一つの世界があることを言います。

SF小説などに描かれている設定で、「パラレルワールド」とも言い、同じ時間の流の中に今の世界の他に違う世界も存在しているという考え方です。

自分達が住んでいる世界とは違う世界で、そこに住んでいる生物や住環境などが全く違うこともあります。

「異」「ことなる」とも読み「普通でない」「変わっている「ふしぎ」という意味があります。

タイムスリップをするなどして全く違う空間に迷い込む時などに使われます。

「別世界」と「異世界」の違い!

「別世界」「自分が認識しているものとは全く違う境遇に感じること」です。

「異世界」「時空のどこかにあるもう一つの違う世界のこと」です。

まとめ

今回は「別世界」「異世界」の違いをお伝えしました。

「別世界は自分の認識の違いによるもの」「異世界はSFのパラレルワールド」と覚えておきましょう。