「民事再生」と「会社更生」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「民事再生」と「会社更生」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「民事再生」「会社更生」の違いを分かりやすく説明していきます。

「民事再生」とは?

「民事再生」の意味と概要について紹介します。

「民事再生」の意味

「民事再生」「みんじさいせい」と読みます。

意味は、「民事再生法に基づき、経営破綻した企業を倒産させることなく、事業を続けながら会社を再建することで、株式会社以外の法人や個人も対象となること」です。

「民事再生」の概要

「民事再生」は、「民事再生法」という法律に基づいて行われ、現在の経営陣が辞めることなく、そのまま経営権を維持できます。

基本的に管財人は置かず、経営陣がそのまま残って再建業務を行うのです。

資産の処分や、スポンサーを見つけることなども、全て現経営陣のままできて、再建した後も引き続き経営を握ることもできます。

内部分裂がない分スピーディーに再建ができるという、メリットがありますが、もちろん債権者の承諾が必要になります。

「会社更生」とは?

「会社更生」の意味と概要について紹介します。

「会社更生」の意味

「会社更生」「かいしゃこうせい」と読みます。

意味は、「会社更生法に基づき、経営破綻した企業を倒産させることなく、事業を続けながら会社を再建すること」です。

「会社更生」の概要

「会社更生」「会社更生法」という法律に基づいて行われ、大企業が経営破綻した時の救済措置です。

こちらは基本的に現在の経営陣が退く必要があり、経営に関する全ての権限を失い、代わりに裁判所が選任した管財人が置かれ、再建を行います。

会社の資産の処分は全て管財人におり進められ、債権者が勝手に手を付けて競売にかけるなどはできません。

経営陣を一掃して、全てをゼロにしてから建て直すとあり、調整が難航することが多くなります。

「民事再生」と「会社更生」の違い!

「民事再生」は、「現在の経営陣がそのまま会社の再建を行うこと」です。

「会社更生」は、「経営陣が全て退き、管財人が再建を行うこと」です。

まとめ

今回は「民事再生」「会社更生」の違いをお伝えしました。

「民事再生はトップが残る」「会社更生は総退陣」と覚えておきましょう。